追悼の森 =五島昇さん死去=

I was thunderstruck at the news of his death

Top Page    有名人訃報一覧【か~き~く~け~こ】 著名人訃報一覧【か~き~く~け~こ】Etc-251
nagomi画像
Smart Phone
スマートフォンサイト訃報

東急グループの総帥 五島 昇 さん死去

1989年(平成元年)3月20日 死去 享年72歳

五島昇写真  五島昇訃報

訃報サイト

東急グループの総帥 五島 昇 さん死去

東急グループの総帥 五島 昇(ごとう のぼる)さんが1989年(平成元年)3月20日、 死去した。72歳だった。

1916年(大正5)年8月21日、東京駿河台に五島慶太の長男として生まれた。東京帝国大学経済学部を卒業し、東京芝浦電気に入社。1945年(昭和20年)東京急行電鉄に移り、副社長を経て1954年(昭和29年)に社長に就任。1959年(昭和34年)、父の死後 東急グループ各社を引き継いだ。1984年(昭和59年)からは日本商工会議所会頭の要職も務めた。

人物 / 略歴

五島 昇(ごとう のぼる、1916年8月21日 ~ 1989年3月20日)

東京駿河台に生まれる。実業家。

東京急行電鉄社長、会長。日本商工会議所会頭。五島慶太の長男。

◆ 略 歴

東京駿河台に五島慶太の長男として生まれた。

学習院初等科、中等科、高等科を経て東京帝国大学経済学部を卒業し、東京芝浦電気に入社。

学生時代は野球部に籍を置き捕手としてならしたが中途退部の後ゴルフ部へ転向。

戦時中は、陸軍大尉として軍務に就く。戦後、東京急行電鉄に入社。

1948年新発足した東急横浜製作所、京浜急行電鉄の取締役となり、1954年、東急社長に就任。

その他、死去するまで、グループ各社の会長もしくは相談役、京王帝都電鉄(現・京王電鉄)、小田急電鉄の取締役の他、松竹、歌舞伎座の取締役相談役なども歴任した。

父の慶太が強引な企業買収により事業拡大を目指したのに対し、昇は反対の事業展開を目指す。慶太死去の際、東急は東洋精糖を買収工作中で、激しい企業間紛争となっていたが、昇はすぐさま撤退に着手し慶太死去のわずか27日後に完全撤退した。

さらに傘下の自動車メーカー東急くろがね工業(旧・日本内燃機製造、現・日産工機)を清算、東映の分離等、拡大した東急グループを再編し、改革を推進した。

一方で、グループ経営の方向性に合わせ、航空事業(東亜国内航空(後の日本エアシステム、現日本航空))やホテル事業、リゾート開発等の拡大を図り、最盛期にはグループ会社400社、8万人の従業員を数えた。

しかし、伊豆急行の建設と田園都市線の延伸といった鉄道敷設、並びにその沿線の宅地開発に関しては、父慶太が立案した通りに忠実にやり遂げた。

友人の中曽根康弘首相(当時)に乞われて1984年からは日本商工会議所会頭の要職も務め、1987年に会長に退いた。

1989年3月より、日本経済新聞の『私の履歴書』で事実上の自伝を執筆するが、連載中の3月20日に72歳にて死去(以後は遺稿扱い)。

◆ 五島 昇 / 略年譜

1916年 - 五島慶太の長男として東京に生まれる
1940年 - 東京帝国大学経済学部卒業後、東京芝浦電気(現・東芝)に勤務。
1945年 - 東京急行電鉄に入社
1954年 - 東京急行電鉄社長に就任
1956年 - 東急観光を設立
1959年 - 武蔵工業大学(現東京都市大学)理事長に就任、東急建設を設立
1960年 - 五島美術館開館
1961年 - 東急エージェンシーを設立
1964年 - 日本国内航空を設立
1967年 - 東急百貨店本店を開店
1968年 - 東急ホテルチェーンを設立
1978年 - 東急ハンズ渋谷店を開業
1982年 - たまプラーザ東急SCを開業
1983年 - 東急有線テレビを設立、クレジット・イチマルキュウ(現:東急カード)」を設立。
1984年 - 日本商工会議所会頭に就任
1986年 - 東急総合研究所を設立
1987年 - 東京急行電鉄会長に就任
1989年 - 死去

特記事項

自らを振り返る文献をほとんど残さなかった。1989年3月より、日本経済新聞の「私の履歴書」で事実上の自伝を執筆するが 連載中に死去した。

◆ 五島昇 / 家族・親族

久原財閥を築いた久原房之助の四女・久美子と結婚するが、55歳の若さで久美子が他界。その後、元芸者の愛人・陽子を後妻として入籍した。

久美子との間に1男1女、陽子との間に2男1女をもうけた。

東急建設社長、東急電鉄取締役を務めた五島哲は長男(母は久美子。慶太の孫にあたる。2007年12月急逝。)。

◆ A Related Words :
五島昇 息子/山口組 五島昇/五島昇 講談社/五島昇 プロフィール/五島昇 略歴/五島昇 死去/五島昇 訃報

Page Top

スマートフォン / PC サイト