追悼の森 =中村八大さん死去=

I was thunderstruck at the news of his death

Top Page    有名人訃報一覧【な~に~ぬ~ね~の】 著名人訃報一覧【な~に~ぬ~ね~の】Etc-257
nagomi画像
Smart Phone
スマートフォンサイト訃報

作曲家、ジャズピアニスト 中村八大 さん死去

1992年(平成4年)6月10日 死去 享年61歳

中村八大写真  

作曲家、ジャズピアニスト 中村八大 さん死去

作曲家でジャズピアニストとしても活躍した 中村 八大(なかむら はちだい)さんが 1992年(平成4年)6月10日、心不全のため死去した。61歳だった。

「上を向いて歩こう」や「こんにちは赤ちゃん」「遠くへ行きたい」「明日があるさ」など、1950年代末から1960年代にかけての数々のヒット作品を送り出した。ジャズのセンスを生かした特異な作風でそれまでの日本の歌謡曲とは一線を画したユニークな歌曲を多く作った。晩年は持病の糖尿病やうつ病に苦しみ音楽活動の一線からは退いていた。

人物 / 略歴

中村 八大(なかむら はちだい、1931年1月20日 ~ 1992年6月10日)

青島(当時は中華民国、現在の中華人民共和国)出身。 作曲家、ジャズピアニスト。

兄の中村二大はクラリネット奏者。妹の夫は漫画家の寺田ヒロオ。

◆ 略 歴

中国大陸で出生後、1945年に福岡県久留米市へ引き揚げ、旧制中学校時代を過ごす。

旧制中学明善(現:福岡県立明善高等学校)、早稲田大学高等学院、早稲田大学文学部卒業。

学生時代からピアニストとして活動。早稲田大学高等学院在籍時には、ダンスバンド『谷口安彦とプレミア・スウィング』や人気学生コンボの『レッド・ハット・ボーイズ』などに客演するようになった。早稲田大学に進学してからは、ジョージ川口、松本英彦、小野満と共にジャズバンド「ビッグ・フォー」を結成していた。

当時早稲田大学のベーシストだった渡辺晋(後の渡辺プロダクション創業者)の耳にも届き、早稲田大学文学部に進学後 兄・二大を通じて渡辺晋と対面。渡辺が結成していたコンボバンド『ファイヴ・ジョーズ&ア・ジェーン(後の『渡辺晋とシックス・ジョーズ』)に加入した。

しかしながらアーテスト志向の中村とエンターテナー志向の渡辺とでは意見を異する場面もあり結局、渡辺と袂を分かち1953年からはドラマーのジョージ川口率いるカルテット「ビッグ4」のメンバーとなり、当時の日本における大衆的ジャズブームの渦中で非常な人気を得た。

その後、1950年代末からは作曲家としての活動に主軸を転じ、ジャズのセンスを生かした特異な作風で、それまでの日本の歌謡曲とは一線を画したユニークな歌曲を多く作った。

1959年 - 『黒い花びら』(作詞・永六輔、歌・水原弘)で、第1回日本レコード大賞を受賞。
1963年 - 『こんにちは赤ちゃん』(作詞・永六輔、歌・梓みちよ)で、第5回日本レコード大賞を受賞。
1966年1月 - ミュージカル「宝島」の音楽担当。
1966年10月 - 第1回リオデジャネイロ国際音楽祭に、江利チエミの『私だけのあなた』を出品。オーケストラ編曲賞を受賞。

1970年からはNHK総合テレビ「ステージ101」の音楽監督を務めた。

1992年6月10日、心不全のため他界。享年61。

晩年は持病の糖尿病やうつ病に苦しみ音楽活動の一線からは退いていた。

特記事項

永六輔とのコンビ(ともに早稲田大学出身)で多くのヒット作を世に送り出したことから、「六・八コンビ」と呼ばれる。「上を向いて歩こう」など二人の歌をしばしば歌った歌手の坂本九を合わせて、「六・八・九」と呼ばれることもあった。

◆ 中村八大 / 主な作曲作品

◇ 「こんにちは赤ちゃん」 第5回日本レコード大賞受賞(梓みちよ)
◇ 「帰ろかな」(北島三郎)
◇ 「コメットさん」 TBS『コメットさん』テーマソング(九重佑三子)
◇ 「ウェディング・ドレス」(九重佑三子)
◇ 「しあわせ」(九重佑三子)
◇ 「青い恋」(九重佑三子)
◇ 「抱きしめて」(九重佑三子)
◇ 「明日を祈る」(堺正章)
◇ 「なんでこんなに」(堺正章)
◇ 「上を向いて歩こう」 全米チャート・ビルボード3週連続1位。 世界70ヶ国でリリース(坂本九)
◇ 「明日があるさ」 2001年にウルフルズとRe:Japanのカバーで再ヒット(坂本九)
◇ 「一人ぼっちの二人」2008年の連続テレビ小説『だんだん』の中で使用されている。(坂本九)
◇ 「ともだち」あゆみの箱テーマソングとして発表。(坂本九)
◇ 「さよならさよなら」(坂本九)
◇ 「世界の国からこんにちは」 日本万国博覧会(大阪万博、EXPO'70)テーマソング。(坂本九)
◇ 「そして想い出」日本初の手話による手話のための歌(坂本九)
◇ 「口笛だけが」「夢を育てよう」「フライパンの唄」「銀座の夜」「太陽と土と水を」(坂本九)
◇ 「生きていてよかった」ほか多数(坂本九)
◇ 「夢であいましょう」 NHK総合テレビ『夢であいましょう』テーマソング(坂本スミ子)
◇ 「マドモアゼル」(4代目三遊亭小圓遊)
◇ 「アリャリャン音頭」(4代目三遊亭小圓遊・三波伸介・5代目三遊亭圓楽・桂歌丸・6代目三遊亭圓窓・林家こん平・林家木久蔵・松崎真)
◇ 「若い旅」(塩見大治郎&ヤング101)
◇ 「若い涙」 デビュー曲。ジャニーズ事務所のスタートを飾った曲 (ジャニーズ)
◇ 「涙をこえて」 第1回合歓ポピュラーフェスティバル・グランプリ受賞曲。 NHK総合テレビ『ステージ101』オリジナルソング(シング・アウト)
◇ 「しゃれた気分」宝みつ子(「嵯峨野れい」名義
◇ 「東京-パリ」 宝みつ子(「嵯峨野れい」名義
◇ 「ルイサが知りたきゃ蛇にきけ」 宝みつ子(「嵯峨野れい」名義
◇ 「いつもの小道で」(田辺靖雄・梓みちよ)
◇ 「ひとりだけの歌」 (田辺靖雄・梓みちよ)
◇ 「おさななじみ」(デューク・エイセス)
◇ 「続・おさななじみ」 (デューク・エイセス)
◇ 「雨の遊園地」(中尾ミエ)
◇ 「宇宙にとびこめ」(中山千夏)
◇ 「初めての街で」 菊正宗酒造のコマーシャルソング(西田佐知子)
◇ 「故郷のように」 NHK『夢であいましょう』今月のうた(西田佐知子)
◇ 「欽一・順子の子守唄」 テレビ朝日『欽ちゃんのどこまでやるの!?』挿入歌(萩本欽一・真屋順子)
◇ 「妻は夫をいたわりつ」(萩本欽一・真屋順子)
◇ 「私と私」(ザ・ピーナッツ)
◇ 「東京の四月」(ザ・ピーナッツ)
◇ 「幸福のシッポ」(ザ・ピーナッツ)
◇ 「ブルージン・ブルース」(弘田三枝子)
◇ 「寝不足なの」(弘田三枝子)
◇ 「遠くへ行きたい」 第4回日本レコード大賞作曲賞受賞(ジェリー藤尾 )
◇ 「インディアン・ツイスト」(ジェリー藤尾 )
◇ 「ぼく達はこの星で出会った」 遺作。第1回古関裕而記念音楽祭・金賞受賞曲(松崎しげる)
◇ 「黒い花びら」 第1回日本レコード大賞受賞(水原弘)
◇ 「黄昏のビギン」(永六輔との共同作詞)(水原弘)
◇ 「黒い落葉」「青春を賭けろ」「暗い慕情」「野良犬の歌」「こ◇ 青さこの若さ」「水にうつりし月」ほか多数 (水原弘)
◇ 「世界の国からこんにちは」 日本万国博覧会(大阪万博、EXPO'70)テーマソング(三波春夫)
◇ 「じんじろげ」(森山加代子)
◇ 「青空を抱きしめよう」(森山加代子)
◇ 「幸福のシッポ」(森山加代子)

◆ 中村八大 / その他の作曲作品

◇ 東海テレビ放送のステーションソング「楽しい1チャンネル」(1963年)
◇ 「笑点」(日本テレビ系列)のテーマ音楽 (1969年11月 - 現在)
◇ 「遠くへ行きたい」(よみうりテレビ・日本テレビ系列)のテーマソング (1970年10月 - 現在)
◇ 「ステージ101」(NHK総合テレビ)のテーマソング (1970年1月 - 1973年4月)
◇ 「JNNニュース」(TBS系列)のテーマBGM (1975年春 - 1984年秋まで使用)
◇ 「想い出はいつも」(埼玉県草加市歌)
◇ 「川口市立新郷東小学校校歌」(作詞は岩谷時子)
◇ 「月隈こども園園歌」(大分県日田市にある認定こども園)(作詞は当時の園長・武内一美)

◆ A Related Words :
中村八大 息子/中村八大作品集/中村八大 画像/永六輔 中村八大/おさななじみ 中村八大/中村八大の昭和のジャズ/中村八大ヒット曲メドレー/あしたがあるさ 中村八大/jnnニュース 中村八大/中村八大 夢で逢いましょう/永六輔+中村八大/中村八大 校歌/中村八大 CD/中村八大の昭和のジャズ/中村八大クインテット/おさななじみ 中村八大/27時間テレビ 中村八大/中村八大 プロフィール/中村八大 略歴/中村八大 死去/中村八大 訃報

Page Top

スマートフォン / PC サイト