追悼の森 =美ち奴さん死去=

I was thunderstruck at the news of his death

Top Page    有名人訃報一覧【ま~み~む~め~も】 著名人訃報一覧【ま~み~む~め~も】Etc-280
nagomi画像
Smart Phone
スマートフォンサイト訃報

芸者歌手 美ち奴 さん死去

1996年(平成8年)5月29日 死去 享年78歳

美ち奴写真  

芸者歌手 美ち奴 さん死去

「うちの女房にゃ髭がある」や「炭坑節」などの お座敷ソングで人気を博した芸者歌手の 美ち奴(みちやっこ)さんが 1996年(平成8年)5月29日、大腸がんのため死去した。78歳だった。

1931年(昭和6年)、浅草で芸者置屋「美知濃家」を営んでいた親戚を頼って上京し 翌年、15歳で「美ち奴」として芸者になった。甲高い唄声が評判を呼び、当時流行の鶯(うぐいす)歌手(芸者出身の歌手)としてスカウトされ、1934年(昭和9年)「さくらおけさ」でレコード歌手としてのデビューを飾った。 その後、「うちの女房にゃ髭がある」や「あゝそれなのに」などが大ヒットとなり「芸者歌手 美ち奴」の人気を不動のものとした。

人物 / 略歴

美ち奴(みちやっこ、1917年(大正6年)6月8日 ~ 1996年(平成8年)5月29日)

北海道浜頓別に生まれる。本名は久保染子。昭和時代に活躍した芸者歌手。

◆ 略 歴

美ち奴こと、久保染子は北海道浜頓別に生まれた(通説となっている樺太出身は誤り)。

1931年(昭和6年)、浅草で芸者置屋「美知濃家」を営んでいた親戚を頼って上京した。

翌年、15歳の染子は「美ち奴」として芸者になる。

1933年(昭和8年)、松竹映画「東京音頭」のトーキー部分の撮影に浅草の芸妓衆のひとりとして参加。

その甲高い唄声が評判を呼び、当時流行の鶯歌手(芸者出身の歌手)を探していたニットーレコードからスカウトされ、1934年(昭和9年)「さくらおけさ」でレコード歌手としてのデビューを飾る。

1935年(昭和10年)秋、「ほんに貴方は罪な方」でテイチクから再デビューした。

翌年には、映画俳優・杉狂児と歌った「細君三日天下」がヒット。その名を知られ始めると、レコードレーベルにも「浅草 美ち奴」から「美ち奴」のみの表記となる。つまり、浅草と名乗らなくても、美ち奴といえば彼女であることを示すという知名度の高さを表すことであった。

1937年(昭和12年)サトウハチロー作詞、古賀政男の作曲による「うちの女房にゃ髭がある」と、同名の日活映画がヒットする。この主題歌「あゝそれなのに」は、発売されるや40万枚を売り上げる大ヒットとなり、映画と同名の主題歌とともに、「歌手・美ち奴」の人気を不動のものとした。

爆発的な大ヒットとなった「あゝそれなのに」は、美ち奴にとっての代表曲となり、戦後まで長く知られた。

その後も「そんなの嫌い」「道行シャンソン」などのヒットを続けるが、同年盧溝橋事件の勃発により日中戦争が始まり、コミカルな「あゝそれなのに」は不謹慎とされ発売禁止となった。

しかし、ほどなく美ち奴が歌った「軍国の母」は、戦時歌謡における大ヒットの第一号となった。

1938年(昭和13年)にも大陸ブームに乗った「霧の四馬路」をヒットさせ、ブロマイドの売り上げも上位を誇る人気歌手となっていくのである。

1942年(昭和17年)「歌う狸御殿」、1950年(昭和25年)「蛇姫道中」など、戦前から戦後にかけて、多数の日活・大映作品に登場している。

レコード歌手としても、「吉良の仁吉」「街道石松ぶし」「次郎長ぶし」「シャンラン節」と戦時中でも大ヒットを連発し、人気の絶頂期を誇った。

恋仲であった楠木繁夫が歌手・三原純子と結婚したり、両親を一度に失ったという悲しみを振り払うように、美ち奴は中野弘子とともに慰問や全国興行に専念した。

1950年(昭和25年)の朝鮮動乱による特需景気によってお座敷ソングブームが起こると、九州の民謡としてヒットしていた「炭坑節」が各社の競作で発売され、美ち奴が歌ったテイチク盤のみが「三池炭鉱の上に出た」と歌うことが許され、戦後初の大ヒットとなった。

同じくテイチクの新人歌手・真木不二夫との恋仲が報道され、美ち奴は妻子ある真木と同棲を始めるようになったものの、真木の度重なる浮気によってストレスを感じたためか自律神経失調症を患い、1957年(昭和32年)には6年間の同棲生活に終止符を打った。

昭和40年代のなつメロブームに乗って、東京12チャンネルの「なつかしの歌声」でその衰えぬ美声を披露。テイチクでも往年のヒット曲をステレオで再録音している。

病気の再発は繰り返していたため、徐々にテレビ出演もできなくなり、都内の病院を転々としては、療養の日々を続けた。

1978年(昭和53年)7月に放送された東京12チャンネル「なつかしの歌声 第9回郷愁の歌祭り」が、最後のテレビ出演と思われる。

1983年(昭和58年)、東京都江東区の特別養護老人ホーム「むつみ園」に入所。その頃、NHKラジオ「昭和歌謡大全集」に出演したのが、美ち奴としての最後の放送となった。

1996年(平成8年)5月29日、大腸がんのため親友の中野弘子に看取られながら78年の生涯に幕を下ろした。

特記事項

映画監督としても知られるコメディアンのビートたけしの師匠である深見千三郎は、美ち奴の実弟である。

◆ 美ち奴 / 代表曲

◇ 「さくらおけさ」1934年(昭和9年)
◇ 「細君三日天下」1936年(昭和11年)共演:杉狂児
◇ 「あゝそれなのに」1937年(昭和12年)
◇ 「うちの女房にゃ髭がある」1937年(昭和12年)共演:杉狂児
◇ 「そんなの嫌い」1937年(昭和12年)
◇ 「東京盆踊り」1937年(昭和12年)共演:藤山一郎
◇ 「軍国の母」1937年(昭和12年)
◇ 「強くなってね」1937年(昭和12年)共演:杉狂児
◇ 「霧の四馬路」1938年(昭和13年)
◇ 「身代り警備」1938年(昭和13年)
◇ 「吉良の仁吉」1939年(昭和14年)
◇ 「街道石松ぶし」1940年(昭和15年)共演:鶴田六郎
◇ 「炭鉱節」1950年(昭和25年)

◆ 美ち奴 / 小唄・音頭

◇ 「美幌小唄」1937年(昭和12年)北海道美幌町の開基五十年に制定
◇ 「美幌観光音頭」1939年(昭和14年)テイチクレコードでレコード化

◆ A Related Words :
ユーチューブ 美ち奴/美ち奴 吉良仁吉/浅草美ち奴/美ち奴画像/美ち奴 CD/美ち奴 死去/美ち奴 訃報/美ち奴 プロフィール/美ち奴 略歴

Page Top

スマートフォン / PC サイト