追悼の森 =淡谷のり子さん死去=

I was thunderstruck at the news of his death

Top Page    有名人訃報一覧【あ~い~う~え~お】 著名人訃報一覧【あ~い~う~え~お】Etc-32
nagomi画像
Smart Phone
スマートフォンサイト訃報

歌手  淡谷のり子 さん死去

1999年(平成11年)9月22日 死去 享年92歳

淡谷のり子写真  

歌手  淡谷のり子 さん死去

「別れのブルース」や「雨のブルース」などのヒット曲で知られる歌手の 淡谷 のり子(あわや のりこ)さんが1999年(平成11年)9月22日午前4時30分、老衰のため東京都大田区内の自宅で死去した。92歳だった。

戦前、戦後を通じて日本のシャンソン界の先駆者であった。代表曲からブルースの女王と称された。1993年(平成5年)、一過性脳虚血で倒れ、一時は復帰したものの車いすでの生活を余儀なくされていた。最近は体力もなくなり寝たきりの状態だったという。

人物 / 略歴

淡谷 のり子(あわや のりこ、1907年8月12日 ~ 1999年9月22日)

青森県青森市出身。本名は淡谷 のり(あわや のり)。 歌手。身長150.3cm。

日本のシャンソン界の先駆者であり、代表曲からブルースの女王と呼ばれる。

デビュー当初は、綺麗なハイトーンで素直な歌唱だったが、やがて、妖艶なソプラノで「昭和モダン」の哀愁を歌った。

叔父は元代議士の淡谷悠蔵。

◆ 略 歴

青森の豪商「大五阿波屋」の長女として生まれる。

1910年の青森市大火によって生家が没落。10代の頃に実家が破産した。

1923年、青森県立第一高等女学校を中退し 母と妹と共に上京。東洋音楽学校(後の東洋音楽大学、現:東京音楽大学)ピアノ科に入学する。

しかし、家がだんだんと貧しくなり、学校を1年間休学して絵画の裸婦のモデルを勤めるなどして生活費を稼いだ。淡谷をモデルにした「裸婦臥像」は二科会に出展された。

オール日本新人演奏会(読売新聞主宰)では母校を代表して「魔弾の射手」の「アガーテのアリア」を歌い十年に一人のソプラノと絶賛された。

◆ 歌手デビュー

1929年の春に卒業。母校の研究科に籍を置く。

1930年1月、新譜でポリドールからデビュー盤「久慈浜音頭」が発売される。

1930年6月、浅草の電気館のステージに立つ。映画館の専属となりアトラクション等で歌う。

◆ スターダムへ

1931年コロムビアへ移籍。古賀メロディーの「私此頃憂鬱よ」がヒット。A面は「酒は涙か溜息か」。

1935年の「ドンニャ・マリキータ」はシャンソンとしてヒットし、日本のシャンソン歌手の第1号となる。

日中戦争が勃発した1937年に「別れのブルース」が大ヒット、スターダムへ登りつめる。

◆ 戦 後

戦後はテイチク、ビクター、東芝EMIで活躍。1953年に『第4回NHK紅白歌合戦』に出場、紅白初出場を果たす。

この頃からテレビのオーディション番組の審査員やバラエティ番組などに出演する。

音楽的な基礎を学んできた自らの経験から辛口の発言が多く、1965年のNHK紅白歌合戦では「今の若手は歌手ではなく歌屋にすぎない」、「歌手ではなくカス」の発言で賛否両論を巻き起こし話題となる。

1970年代前半には「全日本歌謡選手権」(よみうりテレビ)の審査員を務めた。五木ひろし、八代亜紀、山本譲二など、後に歌謡界を代表する立場に育つ若手の後輩歌手を、厳しくかつ愛情をこめて指南している。

◆ 晩 年

晩年はフジテレビ「ものまね王座決定戦」の名物審査員として活躍。清水アキラらの下品なネタや、ダチョウ倶楽部、ピンクの電話、しのざき美知に代表される「バカバカしいネタ(淡谷談)」を披露する芸人に対して、歌謡界の超大御所である淡谷が仏頂面で容赦のない酷評を下すのが、番組の恒例行事となっていた。

晩年までテレビやコンサートで精力的に活動を続けてきたが、1993年に脳梗塞で倒れる。軽度ではあったが言語障害や手足にマヒが残るなど体調は悪化、またこの頃から急速に仕事への意欲を失い始めた。

寝たきりとなり療養生活を送っていた1996年、後輩たちによって淡谷の米寿記念コンサートが行われ、久々に姿を現した。

このコンサートのフィナーレで全員合唱の中、口ずさんだ「聞かせてよ愛の言葉を」が淡谷最期の人前での歌となった。

1999年(平成11年)9月22日午前4時30分、老衰のため東京都大田区内の自宅で死去した。享年92歳。

特記事項

1996年、後輩たちによって淡谷の米寿記念コンサートが行われた。

このコンサートの際に森進一に「別れのブルース」を、美川憲一に「雨のブルース」を、「それぞれ形見分けではないですが差し上げます、歌っていって下さい」と発言し、話題を呼んだ。

このコンサートのフィナーレで全員合唱の中、口ずさんだ「聞かせてよ愛の言葉を」が淡谷最期の人前での歌となった。

◆ 淡谷 のり子 / 賞歴

◇ 971年 - 第13回日本レコード大賞特別賞
◇ 青森市の名誉市民(4人目、女性では初)
◇ 1972年 - 紫綬褒章受章
◇ 1979年 - 勲四等宝冠章受章

◆ 淡谷のり子 / 出演CM

◇ かねさ
◇ ライオン ルック(西川のりおと共演)
◇ 松下電器 カラオケ大賞(片岡鶴太郎、中村泰士ほかと共演)
ほか

◆ 淡谷のり子 / 主な著書

◇ 生きること、それは愛すること―人生は琥珀色のブルース ライフ・カレント - PHP研究所。(1983年)
◇ 私のいいふりこき人生 - 海竜社。(1984年)
◇ 一に愛嬌二に気転―「頭の悪い女」といわれないために - ごま書房。(1987年)
◇ 一に愛嬌二に気転―「頭の悪い女」といわれないために - ごま書房。(1992年)
◇ 私の遺言 - フジテレビ出版。(1994年)
◇ 淡谷のり子―わが放浪記 人間の記録(わが放浪記 の改題): 日本図書センター。(1997年)
◇ ニセモノとホンモノ - ロングセラーズ。(1986年)

◆ A Related Words :
淡谷のり子 画像/淡谷のり子 子供/淡谷のり子youtube/淡谷のり子 別れのブルース 歌詞/コロッケ 淡谷のり子/淡谷のり子 ゲルマニウム/清水アキラ 淡谷のり子/秋元順子 淡谷のり子/淡谷のり子 窓を開ければ/淡谷のり子 ものまね/淡谷のり子 プロフィール/淡谷のり子 略歴/淡谷のり子 死去/淡谷のり子事務所/淡谷のり子物語/淡谷のり子 写真/ゲルマニウムローラー 淡谷のり子/淡谷のり子 別れのブルース/淡谷のり子 ローラー

Page Top

スマートフォン / PC サイト