追悼の森 =宇野千代さん死去=

I was thunderstruck at the news of his death

Top Page    有名人訃報一覧【あ~い~う~え~お】 著名人訃報一覧【あ~い~う~え~お】Etc-42
nagomi画像
Smart Phone
スマートフォンサイト訃報

作家  宇野千代 さん死去

1996年(平成8年)6月10日 死去 享年98歳

宇野千代写真  

作家  宇野千代 さん死去

長編作品「色ざんげ」や「おはん」などで知られる文壇最長老の作家 宇野 千代(うの ちよ)さんが1996年(平成8年)6月10日午後4時15分、急性肺炎のため東京都港区の虎の門病院で死去した。98歳だった。

戦後、男の性の妄執を描いた代表作「おはん」を書き継ぎ、1957年(昭和32年)に野間文芸賞や日本女流文学賞を授賞した。古希を過ぎてからも健筆ぶりを示し、85歳で新聞連載した大河自伝小説「生きて行く私」は単行本が百万部を超えるベストセラーとなった。

人物 / 略歴

宇野 千代(うの ちよ、1897年(明治30年)11月28日 ~ 1996年(平成8年)6月10日)

山口県玖珂郡(現:岩国市)出身。小説家。

◆ 略 歴

岩国高等女学校(現:山口県立岩国高等学校)卒業。

23歳で義母の姉の子(従兄)藤村亮一と結婚するが10日ほどで実家へ帰る。

小学校の代用教員となるが男の教員と関係して退職となりいったん朝鮮京城へ行くが戻り、元夫の弟、藤村忠と結婚、再び藤村姓となる。

1921年、『時事新報』の懸賞短編小説に『脂粉の顔』が一等で当選し作家としてデビューし夫を置いて上京する。

多才で知られデザイナー、編集者、実業家の顔も持った。

尾崎士郎、東郷青児、北原武夫と多くの有名芸術家との結婚遍歴とその破局は波瀾に富み生涯を賑わせた。『色ざんげ』は東郷をモデルにしたもの。

作家としては寡作で、戦後10年近く沈黙していた。1960年代からまた書き始め、1980年代からは長命と恋愛遍歴をもって女性向け幸福論エッセイを数多く書いた。

小説は10年かけて書かれた『おはん』、『色ざんげ』、『或る一人の女の話』などがある。

1970年 - 『幸福』で女流文学賞
1972年 - 日本芸術院賞受賞
1972年 - 日本芸術院会員。
1974年 - 『雨の音』を発表
1982年 - 菊池寛賞受賞。
1990年 - 文化功労者。

1983年発表の『生きて行く私』は自伝的小説として以後の宇野の代名詞となった。

きものデザイナーとしても活躍し、晩年に到るまで旺盛な活動を続けた女性実業家の先駆者としても知られる。長寿であり「自分は一生死なないのではないか」とエッセイに記していた。

1996年(平成8年)6月10日午後4時15分、急性肺炎のため東京都港区の虎の門病院で死去した。享年 満98歳没。

特記事項

岐阜県本巣市(旧本巣郡根尾村)にある樹齢1500年以上の彼岸桜の古木で「淡墨桜」の保護を訴え活動したことでも知られた。

同市のさくら資料館には淡墨桜に関する彼女の作品が展示してある。

◆ 宇野千代 / 主な著作

◇ 幸福 金星堂 1924
◇ 白い家と罪 新潮社 1925
◇ 晩唱 現代短篇小説選集 文芸日本社 1925
◇ 罌粟はなぜ紅い 中央公論社 1930
◇ オペラ館サクラ座 改造社 1934
◇ 色ざんげ 中央公論社 1935 新潮文庫など
◇ あひびき 新陽社 1936
◇ 別れも愉し 第一書房 1936 のち集英社文庫
◇ ひとの男 版画荘 1937
◇ 月夜 中央公論社 1938
◇ 恋の手紙 中央公論社 1939
◇ 女の愛情 鱒書房 1939
◇ ある客間での物語 スタイル社出版部 1941
◇ 日露の戦聞書 文体社 1943
◇ 人形師天狗屋久吉 文体社 1947 のち集英社文庫
◇ わたしの青春物語 酣灯社 1947
◇ ピイピイ三吉 國民圖書刊行會 1947
◇ 私のお化粧人生史 中央公論社 1955 のち文庫
◇ おはん 中央公論社 1957 中公文庫、新潮文庫など
◇ きもの読本 長嶋書房 1957
◇ 女の日記 講談社 1960 のち文芸文庫
◇ 刺す 新潮社 1966 のち集英社文庫
◇ 風の音 中央公論社 1969 のち文庫
◇ 親しい仲 随筆集 講談社 1970
◇ 貞潔 短編小説集 講談社 1970
◇ 私の文学的回想記 中央公論社 1972 「思いのままに生きて」集英社文庫
◇ 或る一人の女の話 文藝春秋 1972
◇ 雨の音 文藝春秋 1974 のち講談社文芸文庫
◇ 恋は愉しいか 大和書房 1974
◇ 八重山の雪 文藝春秋 1975
◇ 薄墨の桜 新潮社 1975 のち集英社文庫
◇ ママの話 中央公論社 1976
◇ 往復書簡 中里恒子 文藝春秋 1976
◇ 水西書院の娘 中央公論社 1977 のち文庫
◇ 宇野千代全集 全12巻 中央公論社 1977-1978
◇ 或る日記 集英社 1978
◇ 大人の絵本 成瀬書房 1978
◇ 残ってゐる話 集英社 1980
◇ 幸福人生まっしぐら 大和書房 1980
◇ 青山二郎の話 中央公論社 1980 のち文庫
◇ 悪徳もまた 新潮社 1981 のち文庫
◇ 或るとき突然 中央公論社 1981 のち文庫
◇ 幸福を知る才能 正続 海竜社 1982-84 のち集英社文庫
◇ 自伝的恋愛論 大和書房 1983
◇ 生きて行く私 毎日新聞社 1983 のち中公文庫、角川文庫
◇ 生きて行く私人生相談篇 毎日新聞社 1984
◇ 或る男の断面 講談社 1984
◇ 幸せのつくり方 小学館 1984
◇ 私はいつでも忙しい 中央公論社 1984 のち文庫
◇ 私のおとぎ話 中央公論社 1985
◇ 私は幸福昔もいまもこれからも 海竜社 1985
◇ 私の作ったお惣菜 海竜社 1986 のち集英社文庫
◇ 幸福は幸福を呼ぶ 海竜社 1986 のち広済堂文庫、集英社文庫
◇ 普段着の「生きて行く私」 毎日新聞社 1986 のち集英社文庫
◇ しあはせな話 中央公論社 1987 のち文庫
◇ 倖せを求めて生きる 海竜社 1987 のち集英社文庫
◇ 行動することが生きることである 海竜社 1988 のち集英社文庫
◇ 宇野千代振袖桜 三宅菊子 マガジンハウス 1989
◇ 一ぺんに春風が吹いて来た 中央公論社 1989 のち文庫
◇ 私のしあわせ人生 毎日新聞社 1990 のち集英社文庫
◇ 恋愛作法 海竜社 1991 のち集英社文庫
◇ 生きる幸福老いる幸福 海竜社 1992 のち集英社文庫
◇ 私は夢を見るのが上手 中央公論社 1992 のち文庫
◇ 私の幸福論 海竜社 1993 のち集英社文庫
◇ 幸福に生きる知恵 講談社 1993 のち文庫
◇ 私の長生き料理 海竜社 1993 のち集英社文庫
◇ 人生学校 海竜社 1994
◇ 私の作ったきもの 海竜社 1994
◇ 私何だか死なないような気がするんですよ 海竜社 1995 のち集英社文庫
◇ 幸福人生まっしぐら 大和書房 1996
◇ 不思議な事があるものだ 中央公論社 1996 のち文庫
◇ 百歳ゆきゆきて 世界文化社 2002

◆ A Related Words :
宇野千代 オリーブオイル/宇野千代 感想文/宇野千代 イオン/宇野千代 生家/宇野千代 通販/宇野千代 画像/敬老の日 宇野千代/宇野千代 子供/宇野千代 名言/宇野千代 恋愛/宇野千代 プロフィール/宇野千代 略歴/宇野千代 死去/宇野千代 商品/宇野千代 食器/宇野千代 着物/宇野千代 ハンカチ/宇野千代 財布/宇野千代 桜/宇野千代 写真

Page Top

スマートフォン / PC サイト