追悼の森 =藤山寛美さん死去=

I was thunderstruck at the news of his death

Top Page    有名人訃報一覧【は~ひ~ふ~へ~ほ】 著名人訃報一覧【は~ひ~ふ~へ~ほ】Etc-45
nagomi画像
Smart Phone
スマートフォンサイト訃報

喜劇役者 藤山 寛美 さん死去

1990年(平成2年)5月21日 死去 享年60歳

藤山寛美写真 

喜劇役者  藤山寛美 さん死去

戦後昭和の上方喜劇界を代表する喜劇役者 藤山 寛美(ふじやま かんび)さんが1990年(平成2年)5月21日、肝硬変のため死去した。60歳だった。

「遊ばん芸人は花が無うなる」という母親の一家言を守り、戦後の上方を代表する遊び人として多くの逸話を残した。1966年(昭和41年)には当時の金額で1億8000万円の負債を抱えて自己破産した。復帰後は松竹新喜劇の大スターとして活躍した。阿呆役を演じれば天下一品で「あほの寛ちゃん」として人気を博した。

人物 / 略歴

藤山 寛美(ふじやま かんび、1929年6月15日 ~ 1990年5月21日)

大阪府大阪市西区出身。本名は稲垣 完治(いながき かんじ)。 喜劇役者。

戦後昭和の上方喜劇界を代表する喜劇役者で弟子に「はな寛太・いま寛大」の はな寛太、山崎海童らがいる。

女優の藤山直美は娘。俳優の酒井扇治郎は孫。

◆ 略 歴

1929年(昭和4年)、関西新派「成美団」の俳優・藤山秋美の末の息子として生まれる。母は新町のお茶屋「中糸」の女将・稲垣キミ。

父の病没した1933年(昭和8年)、芸名を「藤山寛美」とし、翌年1月に4歳で初舞台に立つ。

1947年に曾我廼家十吾、師匠格に当たる2代目渋谷天外、浪花千栄子らの松竹新喜劇の結成に参加。

1951年、天外作「桂春團治」の酒屋の丁稚役が、批評家や演劇関係者に評価され、一躍人気役者となる。

後に寛美を可愛がった天外が脳出血で倒れた後は、実質的座長となった。

◆ 松竹新喜劇解雇(型破りな金使いの荒さ)

初代桂春團治と後の横山やすしの様に金使いも荒かった。「遊ばん芸人は花が無うなる」という母親の一家言を守り、夜の街を金に糸目をつけず豪遊した。

「北の雄二(南都雄二)かミナミのまこと(藤田まこと)、東西南北藤山寛美」といわれ、戦後の上方を代表する遊び人として多くの逸話を残した。

そのため、多額の負債(知人に騙された巨額の負債もあった)を抱え、1966年には当時の金額で1億8,000万円の負債を抱えて自己破産。これを契機に、松竹と松竹芸能は彼を解雇。

彼は舞台に立たず、東映常務・岡田茂(のち社長)を頼り、東映任侠映画で鶴田浩二らの助演で生活をしのいだ。

◆ 新喜劇復帰

松竹は寛美の負債を立て替えて、再び舞台に呼び戻す事になった。復帰後の寛美は、文字通り松竹新喜劇の中心となる。

抜群の技巧さもさることながら、色気と「大阪俄」の芸脈を受けついだ本格的な上方喜劇の演技を持ち。特に千葉蝶三郎、伴心平、曾我廼家鶴蝶、小島慶四郎などの腕達者な劇団員と繰り広げるアドリブ芸は絶品であった。

1971年に開始した「阿呆まつり」1972年の「リクエスト公演」など話題作りに力を入れるなどプロデユーサーとしても腕をふるった。

知人に騙された巨額の負債について、「アホをやっておりますが、わてのアホはどうやら本物らしゅうおます」と言い、恨み言一つも言わなかった。その負債も復帰によって完済し、大物ぶりを示す結果となった。

20年間に渡り1日も休まず舞台に立ち続け、大阪万博にすら行けなかったと言う逸話も残っているが、趣味の魚釣りを行うため、遠出する事もしばしばあった。ちなみに、上記の借金は19年目に完済された。

◆ 晩 年

寛美の一連の動きは、かえってワンマン体制を作り上げてしまい、マンネリズムに陥る傍ら、1977年には有力な座員であった曾我廼家鶴蝶、小島秀哉が退団した。

1980年代になると東京はおろか大阪公演の観客数も落ちていき、焦った寛美は、団員の入れ替えや降格抜擢人事などを行うが、勢いの衰えは隠しようがなかった。

1990年3月に体の不調を訴えて大阪市立大学付属病院に検査入院、肝硬変と診断される。

舞台に復帰したいと言う願いも虚しく、1990年(平成2年)5月21日、肝硬変のため死去した。享年60歳。

特記事項

寛美の三女の藤山直美が喜劇女優として寛美の芸を受け継ぎ、舞台で『鼻のおろく』など、寛美の代表作を演目にしたこともある。

一方で、上方喜劇を残そうと考えていた寛美は、1981年(昭和56年)に弟子を曾我廼家玉太呂、曾我廼家八十吉として曾我廼家の名跡を襲名させており、今後彼らの活躍が待たれる。

2010年2月・6月には、没後20周年を記念して、直美が特別公演を開催し寛美のゆかりの演目(『女房のえくぼ』・『幸助餅』・『大人の童話』・『丁稚の縁結び 『村は祭りで大騒ぎ』より』)を披露した。

◆ 藤山寛美 / 主な出演テレビ番組

◇ テレビ番組[編集]天外の親バカ子バカ(1959年)
◇ 新・親バカ子バカ(1960年)
◇ ちゃりんぼ兄弟(1960年)弟役は大村崑。
◇ ぜいろくと宿六(1961年、毎日放送)
◇ 瓦版・大喜劇(1964年、毎日放送)
◇ 泣いてたまるか 第11話「先輩後輩」(1966年、TBS)
◇ 藤山寛美3600秒(1975年、朝日放送)
◇ 藤山寛美 阿呆陀羅劇場(1980年)
◇ 藤山寛美4500秒(1980年、朝日放送)※ ~3600秒の後継番組。

◆ 藤山寛美 / 著書

◇ あほやなあ 喜劇役者の悲しい人生(1967年)
◇ あほかいな 藤山寛美半生談義(1976年)
◇ 凡談愚言(1978年)
◇ 対談集 人の世は情けの貸し借り(1984年)
◇ みち草・わき道・しぐれ道(1985年)

◆ A Related Words :
藤山寛美 家系図/藤山寛美 家族/藤山寛美 動画/藤山寛美 孫/藤山寛美 伝説/藤山寛美 DVD/藤山寛美 高畑淳子/藤山寛美 五女/夫婦善哉 藤山寛美/藤山寛美の子供/藤山寛美 プロフィール/藤山寛美 略歴/藤山寛美 死去/藤山寛美 画像/藤山寛美 人生双六/藤山寛美 ウィキペディア/松竹新喜劇 藤山寛美/藤山寛美 十快笑/藤山寛美 血液型/藤山寛美 ビーフシチュー/藤山寛美 船場の子守唄/藤山寛美 新幹線 チャーター

Page Top

スマートフォン / PC サイト