追悼の森 =本田宗一郎さん死去=

I was thunderstruck at the news of his death

Top Page    有名人訃報一覧【は~ひ~ふ~へ~ほ】 著名人訃報一覧【は~ひ~ふ~へ~ほ】Etc-51
nagomi画像
Smart Phone
スマートフォンサイト訃報

本田技研工業の創業者  本田宗一郎 さん死去

1991年(平成3年)8月5日 死去 享年84歳

本田宗一郎写真  

本田技研工業の創業者  本田宗一郎 さん死去

本田技研工業の創業者 本田 宗一郎(ほんだ そういちろう)さんが1991年(平成3年)8月5日、肝不全のため東京都文京区の順天堂医院で死去した。84歳だった。

自動車修理工から身を起こし、オートバイ「ドリーム号」「スーパーカブ号」などを次々に開発。二輪車で世界のトップメーカーとなった。その後、四輪車に進出、藤沢武夫とともに一代でホンダを世界的な企業に成長させ 戦後を代表する技術型経営者として知られていた。

人物 / 略歴

本田 宗一郎(ほんだ そういちろう、1906年11月17日 ~ 1991年8月5日)

静岡県磐田郡光明村(現:浜松市天竜区)に生まれる。日本の実業家、技術者。

本田技研工業(通称:「ホンダ」)の創業者。

◆ 略 歴 / 年譜

◇1906年(明治39年) - 11月17日、静岡県磐田郡光明村(現:浜松市天竜区)で鍛冶屋をしていた本田儀平と妻みかの長男として生まれる。
◇1913年(大正2年) - 光明村立山東尋常小学校(現:浜松市立光明小学校)に入学。在校中に自動車や飛行機を初めて見るなどの経験をする。
◇1919年(大正8年) - 二俣町立二俣尋常高等小学校(現:浜松市立二俣小学校)入学。
◇1922年(大正11年) - 高等小学校卒業、現:東京都文京区湯島の自動車修理工場「アート商会」(現:アート金属工業)に入社。
◇1928年(昭和3年) - アート商会に6年勤務後、のれん分けの形で浜松市に支店を設立して独立。(社長の榊原郁三から、のれん分けを許された。)
◇1935年(昭和10年) - 小学校教員の磯部さちと結婚。
◇1936年(昭和11年) - 第1回全国自動車競走大会(多摩川スピードウェイ)に弟の弁二郎とともに出場するが事故により負傷、リタイアを喫する。
◇1937年(昭和12年) - 自動車修理工場事業を順調に拡大、現:東海精機株式会社の社長に就任。
◇1937年(昭和12年) - 浜松高等工業学校(現:静岡大学工学部)機械科の聴講生となり、3年間金属工学の研究に費やす。
◇1939年(昭和14年) - アート商会浜松支店を従業員の川島末男に譲渡し、東海精機重工業の経営に専念する。
◇1942年(昭和17年) - 長男・博俊(元「無限」代表取締役)誕生。トヨタが東海精機重工業に出資、自らは専務に退く。
◇1945年(昭和20年) - 三河地震により東海精機重工業浜松工場が倒壊。「人間休業」と称して1年間の休養に入る。
◇1946年(昭和21年) - 10月、浜松市に本田技術研究所 (旧)設立。39歳の宗一郎は所長に就任。
◇1948年(昭和23年) - 次男・勝久誕生。本田技研工業株式会社を浜松に設立。資本金100万、従業員20人でスタート。
◇1949年(昭和24年) - 後にホンダの副社長となる藤沢武夫と出会い、共にホンダを世界的な大企業に育て上げる。
◇1961年(昭和36年) - 藤沢とともに「作行会」という財団法人を設立。若手研究者や学生に対して匿名で奨学金を交付した。
◇1973年(昭和48年) - 中華人民共和国を訪れた帰国直後の会見で、本田技研工業社長を退き、取締役最高顧問に就任と発表。
◇1983年(昭和58年) - 取締役も退き、終身最高顧問となる。
◇1989年(平成元年) - アジア人初のアメリカ合衆国の自動車殿堂入りを果たす。
◇1991年(平成3年) - 8月5日、東京・順天堂大学医学部附属順天堂医院で肝不全のため死去。84歳没。同日、正三位・勲一等旭日大綬章贈位。

特記事項

2010年(平成22年)4月1日、出生地である静岡県浜松市天竜区に本田宗一郎ものづくり伝承館がオープンした。建物は国の登録有形文化財(建造物)に指定されている旧二俣町役場を改築したものである。

◆ 本田宗一郎 / 叙勲等

◇ 正三位勲一等旭日大綬章
◇ 米国自動車殿堂入り
◇ 上智大学名誉工学博士
◇ ジェイムズ・ワット国際メダル
◇ ミシガン工科大学名誉工学博士

◆ 本田宗一郎 / 主な著作書籍

◇ 『私の手が語る』(1982年・講談社 再刊:2003年・グラフ社)
◇ 『やりたいことをやれ』(2005年・PHP研究所)
◇ 『俺の考え』(1996年・新潮文庫)
◇ 『得手に帆あげて』(2000年・三笠書房 新装版 わせだ書房刊を再編集)
◇ 『スピードに生きる』(2006年・実業之日本社 新装版版)
◇ 『夢を力に』(2001年・日本経済新聞社)

◆ A Related Words :
本田宗一郎が息子を跡取りにしなかった理由/本田宗一郎 韓国人/本田宗一郎 韓国/本田宗一郎 息子/本田宗一郎 血液型/本田宗一郎 墓/本田宗一郎 座敷わらし/本田宗一郎 努力は報われない/NHK 本田宗一郎/本田宗一郎 画像/本田宗一郎 プロフィール/本田宗一郎 略歴/本田宗一郎 死去/本田宗一郎 自動車/本田宗一郎 名言/本田宗一郎 記念館/本田宗一郎 杯/本田宗一郎 伝承 館/本田宗一郎 ミュージアム

Page Top

スマートフォン / PC サイト