追悼の森 =松下幸之助さん死去=

I was thunderstruck at the news of his death

Top Page    有名人訃報一覧【ま~み~む~め~も】 著名人訃報一覧【ま~み~む~め~も】Etc-52
nagomi画像
Smart Phone
スマートフォンサイト訃報

松下電器の創業者  松下幸之助 さん死去

1989年(平成元年)4月27日 死去 享年94歳

松下幸之助写真  

松下電器産業株式会社の創業者  松下幸之助 さん死去

松下電器産業株式会社(現:パナソニック)の創業者 松下 幸之助(まつした こうのすけ)さんが1989年(平成元年)4月27日午前10時6分、気管支肺炎のため大阪府守口市の松下記念病院で死去した。94歳だった。

世界的な総合家電メーカー「松下電器」を 一代で築いた人物として 戦後日本を代表する実業家の一人に数えられる。1973年(昭和48年)、80歳を機に現役を引退し相談役に退いていた。1979年(昭和54年)には私財70億円を投じて財団法人松下政経塾を設立した。

人物 / 略歴

松下 幸之助(まつした こうのすけ、1894年〈明治27年〉11月27日 ~ 1989年〈平成元年〉4月27日)

和歌山県海草郡和佐村千旦ノ木(現:和歌山市禰宜)に生まれる。実業家、発明家。

パナソニック(旧社名:松下電器産業、松下電器製作所、松下電気器具製作所)を一代で築き上げた経営者である。

◆ 略 歴

1894年11月27日、和歌山県海草郡和佐村千旦ノ木(現:和歌山市禰宜)に、小地主松下政楠・とく枝の三男として出生。

1899年頃、父が米相場で失敗し破産したため、一家で和歌山市本町1丁目に転居し下駄屋を始めた。

尋常小学校を4年で中退し、9歳で宮田火鉢店に丁稚奉公に出される。その後、奉公先を五代自転車に移した。後のパナレーサー設立のきっかけになった。

16歳で大阪電燈(現:関西電力)に入社し、7年間勤務する。当時の電球は自宅に直接電線を引く方式で、電球の取り外しも専門知識が必要な危険な作業であったため、簡単に電球を取り外すことができる電球ソケットを在職中に考案する。1917年、大阪電燈を依願退職した。

◆ 会社を創業

大阪府東成郡鶴橋町猪飼野(現:大阪市東成区玉津2丁目)の自宅で、妻むめのと、その弟の井植歳男(営業担当、後に専務取締役、戦後に三洋電機を創業して独立)、および友人2名の計5人で、同ソケットの製造販売に着手。

その後、アタッチメントプラグ、二灯用差込みプラグがヒットしたため経営が軌道に乗る。

事業拡大に伴い、1918年に大阪市北区西野田大開町(現:大阪市福島区大開2丁目)で松下電気器具製作所を創業。

1935年には松下電器産業株式会社へと社名変更した。

第二次世界大戦中は、下命で軍需品の生産に協力する。1943年4月に松下造船株式会社を設立し、海運会社出身の井植歳男社長の下で、終戦までに56隻の250トンクラスの中型木造船を建造した。

戦後ただちにGHQによって制限会社に指定され、幸之助・歳男以下役員の多くが戦争協力者として公職追放処分を受ける。その後、制限会社指定を解除され、1947年に社長に復帰する。

◆ 社長復帰後

1950年以降、長者番付で10回全国1位を記録(1955年 - 1959年、1961年 - 1963年、1968年、1984年)。また40年連続で全国100位以内に登場した。この時期の幸之助は「億万長者」であり、一生で約5,000億円の資産を築いたと推定される。

1954年には戦前からの宿願だったレコード事業参入のため、当時の資本金相当額を投入して日本ビクターを子会社化したが、経営上の独立性を保証した。

1960年に初の和歌山市名誉市民に選定される。

◆ 会長就任後

1961年に会長に就任し、第一線を退くが、ヒット商品欠如が岩戸景気後の反動不況と相俟って赤字に転落する。

当時のダイエー社長・中内功と30年にわたるダイエー松下戦争が勃発した。このため、営業本部長代行を兼務し、トップセールスとしての現場復帰を余儀なくされた。

1970年にはナショナルショップの後継者育成目的で松下電器商学院(現:松下幸之助商学院)を設立する。後に中村邦夫が立ち上げる「スーパープロショップ」の母体となった。

◆ 晩 年

1973年、80歳を機に現役を引退し、相談役に退いた。

1974年には明日香村名誉村民となる。

1979年、私財70億円を投じて財団法人松下政経塾を設立し、政界にも影響力を及ぼそうとした。

1989年4月27日午前10時6分に気管支肺炎のため、松下記念病院(守口市)において死去した。享年94。法名は光雲院釋眞幸。

特記事項

自分と同じく丁稚から身を起こした思想家の石田梅岩に倣い、PHP研究所を設立して倫理教育に乗り出す一方、晩年は松下政経塾を立ち上げ政治家の育成にも意を注いだ。

◆ 松下幸之助 / 主な著書

◇ PHPのことば(PHP研究所・甲鳥書林、1953年4月) - 一般向けで初の著作
◇ 道をひらく(PHP研究所、1968年5月) - 450万部を超える大ベストセラー。
◇ 続・道をひらく(PHP研究所、1978年1月)
◇ 人間を考える―新しい人間観の提唱―(PHP研究所、1972年8月)
◇ 商売心得帖(PHP研究所、1973年2月) - 85万部
◇ 経営心得帖(PHP研究所、1974年7月) - 45万部
◇ 指導者の条件(PHP研究所、1975年12月) - 55万部
◇ 社員心得帖(PHP研究所、1981年9月) - 45万部
◇ 人生問答(上・中・下)(共著:松下幸之助・池田大作)潮出版社

◆ A Related Words :
松下幸之助 名言/松下幸之助 婚外子/松下幸之助一日一話/松下幸之助 婚外子 誰/松下幸之助 経営理念/松下幸之助家系図/松下幸之助歴史館/松下幸之助 自宅/松下幸之助 本/松下幸之助 面接/松下幸之助 プロフィール/松下幸之助 略歴/松下幸之助 死去/松下幸之助 子供/松下幸之助 本/松下幸之助 道をひらく/松下幸之助 道/松下幸之助商学院/松下幸之助記念館

Page Top

スマートフォン / PC サイト