追悼の森 =たこ八郎さん死去=

I was thunderstruck at the news of his death

Top Page    有名人訃報一覧【た~ち~つ~て~と】 著名人訃報一覧【た~ち~つ~て~と】Etc-83
nagomi画像
Smart Phone
スマートフォンサイト訃報

元プロボクサー、コメディアン  たこ八郎 さん死去

1985年(昭和60年)7月24日 死去 享年44歳

たこ八郎写真 

元プロボクサー、コメディアン  たこ八郎 さん死去

元プロボクサーでコメディアンの たこ 八郎(たこ はちろう)さんが1985年(昭和60年)7月24日午前10時20分頃、飲酒後の海水浴による心臓マヒのため神奈川県足柄下郡真鶴町の海水浴場で死去した。44歳だった。

1962年(昭和37年)、第13代日本フライ級チャンピオンとなった。髪型を河童のように刈り込んだことから「河童の清作」と呼ばれた。プロボクサー引退後、「たっこでーす」という決まりの台詞と、コミカルな風貌でお茶の間の人気者として活躍した。

人物 / 略歴

たこ 八郎(たこ はちろう、1940年(昭和15年)11月23日 ~ 1985年(昭和60年)7月24日)

宮城県仙台市宮城野区出身。本名は斎藤 清作(さいとう せいさく)。元プロボクサー

日本フライ級王座を獲得している。ボクサー現役時の愛称は「河童の清作」。引退後の愛称は「たこちゃん」。

◆ 略 歴

仙台市内の農家に8人兄弟の次男として生まれる。

少年時代に友達とどろんこの投げ合い遊びをしていて、泥が左眼に当たったことが原因で左眼の視力をほとんど失う。

◆ ボクサー時代

仙台育英学園高等学校在学中ボクシング部に入部、2年生時には宮城県大会で優勝している。

その後上京し、笹崎ボクシングジムに入門。左目の障害を隠し、視力表を丸暗記してプロテストに合格。プロボクサーとしてデビューした。

フライ級の東日本新人王戦の準決勝で原田との同門対決となったため対戦を辞退している。

1962年、第13代日本フライ級チャンピオンとなった。髪型を河童のように刈り込んだことから「河童の清作」と呼ばれた。

また、ノーガードで相手に打たせて相手が疲れたところでラッシュをかける戦術で、漫画『あしたのジョー』の主人公、矢吹丈のモデルになったとも言われている。

しかし、受けた頭部へのダメージによりパンチドランカーとなり引退した。

◆ コメディアン時代

引退後、同じ宮城県出身ということでコメディアンの由利徹に弟子入りし役者として芸能界デビューする。

芸名の由来は、自宅近くの行き付けの居酒屋「たこきゅう」から採った。

いつも酩酊状態(のような演技)で、「たっこでーす」という決まりの台詞と、コミカルな風貌でお茶の間の人気者になり、映画にも出演している。

その芸風からプロボクサー時代が想像しにくいが、映画『幸福の黄色いハンカチ』(山田洋次監督)での高倉健との喧嘩シーンでは切れのある動きでかつての片鱗を見せた。

同映画で共演した武田鉄矢はラジオで「撮影の合間に数人のチンピラに絡まれたことがあるが、たこさんがヌーッと出てきてフッと動いた次の瞬間、チンピラ全員が地面に倒れていた」というエピソードを披露したことがある。

◆ 死 去

人気絶頂期の1985年7月24日午前10時20分頃、神奈川県足柄下郡真鶴町の海水浴場で飲酒後に海水浴をし、心臓マヒにより死亡(死の直前、その姿を週刊誌に写真を撮られていた。)享年44歳。

特記事項

葬儀、告別式の葬儀委員長は「もし、俺が死んだら葬儀委員長をやってほしい」と冗談交じりに話をした漫画家の赤塚不二夫が務めた。

◆ たこ 八郎 / ボクサー時代 年譜

◇ 1960年9月 - プロデビュー。
◇ 1960年11月 - ノンタイトル4回戦。後の東洋王者、青木勝利と引き分け。
◇ 1962年6月 - ノンタイトル8回戦。後の東洋王者、中村剛に判定勝ち。
◇ 1962年12月28日 - 日本フライ級王座に挑戦。野口恭に10回判定勝ちで王座獲得。以後2回防衛。
◇ 1963年2月19日 - 後の世界フライ級王者、チャチャイ・ラエムファバーに8回TKO負け。一度もダウンは奪われていない。
◇ 1963年8月22日 - 木村ジムのホープ高山勝義にノンタイトルで10回判定負け
◇ 1964年4月2日 - 日本王座3度目の防衛戦。10回判定で敗れ王座陥落し、現役引退。
◇ 最終戦績 - 34勝(11KO)8敗1分
◇ 甥の斉藤清人もまたプロボクサーとなり、1992年に全日本新人王決定戦・フェザー級を制している。

◆ たこ八郎 / 出演CM

◇ サントリーCanジンフィズ(1983年)
◇ 大日本除虫菊「金鳥マット」(1984 ~ 1985年。掛布雅之、西川のりおと共演)
◇ エースコック「いか焼そば」(1984年)
◇ 宝酒造「タカラCanチューハイ ライト」(1984年)

◆ A Related Words :
たこ八郎 息子/たこ八郎 死因/あき竹城 たこ八郎/たこ八郎 耳たこ/八郎 ボクシング/たこ八郎物語/たこ八郎 葬儀/たこ八郎 輸血/たこ八郎動画/たこ八郎 パンチドランカー/たこ八郎 プロフィール/たこ八郎 略歴/たこ八郎 死去/たこ八郎 訃報/でもたこ八郎/たこ八郎 耳/たこ八郎 あしたのジョー/たこ八郎 海岸/たこ八郎 写真

Page Top

スマートフォン / PC サイト