追悼の森 =伴淳三郎さん死去=

I was thunderstruck at the news of his death

Top Page    有名人訃報一覧【は~ひ~ふ~へ~ほ】 著名人訃報一覧【は~ひ~ふ~へ~ほ】Etc-93
nagomi画像
Smart Phone
スマートフォンサイト訃報

コメディアン、俳優  伴 淳三郎 さん死去

1981年(昭和56年)10月26日 死去 享年73歳

伴淳三郎写真  

コメディアン、俳優  伴 淳三郎 さん死去

コメディアンで俳優の 伴 淳三郎(ばん じゅんざぶろう)さんが1981年(昭和56年)10月26日、食道静脈瘤破裂のため死去した。73歳だった。

一世を風靡した流行語「アジャパー」や「いっぺえやっか」などで人気を博し、森繁久弥、フランキー堺と共演の映画「駅前シリーズ」が大ヒット。売れっ子喜劇役者となりスターの座にのぼりつめた。病床の枕元には、かつての妻の清川虹子が付き添い伴を看病し、喪主も清川が務めた。

人物 / 略歴

伴 淳三郎(ばん じゅんざぶろう、1908年1月10日 ~ 1981年10月26日)

本名は鈴木 寛定(すずき ひろさだ)。山形県米沢市に生まれる。昭和期のコメディアン、俳優。息子はスタイリストの山本康一郎。

◆ 略 歴

山形県米沢市に南画家の息子として生まれる。5歳のときから山形市小姓町で育つ。

山形市立第一尋常小学校卒業後、熊谷市の兄の家に寄宿して高等小学校に通っていたが、兄との折り合いが悪く家出し、東京に出る。

そこで、母方の叔父で新派劇の河合武雄の番頭をしていた斎藤好三郎を頼り、「文芸協会」出身の新劇俳優、東儀鉄笛の付き人となり、彼が主演した映画に出演する。

その後、いくつかの劇団に入るが、映画にも取り組んでいる「明石潮一座」に入り、籠かき役などで映画出演する。

◆ 俳優としての活動 / 戦前

1927年 - 日活大将軍撮影所に大部屋俳優として入る。
1929年 - 渡辺邦男監督の『竜巻長屋』に大役をもらう。以後、渡辺監督に喜劇俳優として重用される。
1931年 - 東京に戻り、曾我廼家五九郎一座に入り、清川虹子らと活動する。
1934年 - 大都映画に入り、主役級として活躍。
1937年 - 新興キネマ京都撮影所に入社し、忍術映画などで活躍する。
1940年 - 化け猫女優 鈴木澄子らとハワイ、サンフランシスコ巡業を行う。

徴兵検査にはきれいに化粧、女装で出かけていき、さらに検査直前には醤油を大量に(一升瓶1本分)飲み、「肝臓病」を装って徴兵を逃れている。

◆ 俳優としての活動 / 戦後

1951年頃から当時同棲中の清川虹子の仲介により新東宝の斎藤寅次郎監督の一家に入って、本格的に映画に復帰する。

1951年、斎藤寅次郎監督、高田浩吉主演の『吃七捕物帖・一番手柄』に出演した折、「アジャジャーにしてパーでございます」が大うけし、それを短くした「アジャパー」が大流行する。

1953年には、主役映画『アジャパー天国』が斎藤寅次郎監督で作られるにいたり、「バンジュン」の愛称で主演映画が次々と封切られる売れっ子スターとなる。

1955年からは、松竹で、『二等兵物語』シリーズ、1961年からは、森繁久弥、フランキー堺と共演の『駅前シリーズ』が大ヒットする。

1964年、内田吐夢監督、水上勉原作の『飢餓海峡』の老刑事の演技で毎日映画コンクール男優助演賞を受賞するなど、シリアスな演技にも独特な味わいを見せた。

浅草サンバカーニバルを発案したり、募金運動のあゆみの箱の提唱者でもある。

1978年、紫綬褒章受章。

1981年10月26日に食道静脈瘤破裂により73歳で死去。枕元には、かつての妻の清川虹子がおり、伴を看病し、喪主も清川が務めた。

特記事項

遺作は死去後の11月3日から放送が開始された連続テレビドラマ『ひまわりの歌』。

◆ 伴淳三郎 / 主な出演映画

◇ 伝七捕物帳 人肌千両 松竹京都1954.04.07
◇ 伝七捕物帳 刺青女難 松竹京都1954.07.06
◇ 伝七捕物帳 黄金弁天 松竹京都1954.12.08
◇ 七変化狸御殿 松竹京都 ... ロマノフ1954.12.29
◇ 伝七捕物帖 女郎蜘蛛 松竹京都1955.04.19
◇ 無宿人別帳(1963年、松竹)
◇ 飢餓海峡(1965年、東映)
◇ どですかでん 東宝=四騎の会 ... 島悠吉1970.10.31
◇ 野獣狩り 東宝映画1973.11.17
◇ 人間の証明 角川春樹事務所 ... 霧積温泉・父1977.10.08
◇ 女王蜂 東宝映画 ... 山本巡査1978.02.11
◇ ええじゃないか 松竹=今村プロ ... 虎松1981.03.14

◆ 伴淳三郎 / テレビドラマ

◇ てなもんや三度笠(1962年 - 1968年、朝日放送)
◇ 赤穂浪士(1964年、NHK)
◇ こりゃまた結構(1967年、TBS)
◇ 不信のとき(1968年、日本テレビ)
◇ あゝ忠臣蔵(1969年、関西テレビ)
◇ プレイガール 第25話「女殺し昭和元禄」(1969年、東京12チャンネル)
◇ 男は度胸(1970年、NHK)
◇ 大忠臣蔵(1971年、NET)
◇ 天下御免(1971年、NHK)
◇ 時間ですよ第78話(1973年、TBS)
◇ 寺内貫太郎一家(1974年、TBS)
◇ 白い牙(日本テレビ)
◇ 第1話「悪徳刑事・有光洋介」(1974年)
◇ 第7話「父親仁義・有光洋介」(1974年)
◇ となりのとなり(1974年、日本テレビ)
◇ 水もれ甲介 第3話「工事現場の決闘」(1974年、日本テレビ)
◇ ばあちゃんの星(1975年、TBS)
◇ 大都会 闘いの日々 第20話「週末」(1976年、日本テレビ)
◇ 夫婦旅日記 さらば浪人 第18話「明石の夕なぎ」(1976年、フジテレビ)
◇ 朝の連続テレビ小説 / いちばん星(1977年、NHK)
◇ ムー(1977年、TBS)
◇ 飛べ!孫悟空(1977年 - 1979年、TBS)
◇ せい子宙太郎-忍宿借夫婦巷談(1977年 - 1978年、TBS)
◇ ムー一族(1978年 - 1979年、TBS)
◇ 風鈴捕物帳(1978年、テレビ朝日)
◇ 熱中時代・刑事編(1979年、日本テレビ)
◇ 御宿かわせみ 第17話「湯の宿」(1981年、NHK)
◇ 野々村病院物語(1981年、TBS)
◇ 同心暁蘭之介(1981年 - 1982年、フジテレビ)
◇ ひまわりの歌(1981年、TBS)※ 遺作

◆ 伴淳三郎 / 著 書

◇ 伴淳放浪記(1967年、しなの出版)
◇ 伴淳放浪記―伝記・伴淳三郎(伝記叢書288)(1998年2月、大空社)ISBN 978-4756804990

◆ A Related Words :
伴淳三郎 プロフィール/伴淳三郎 略歴/伴淳三郎 死去/伴淳三郎 訃報/伴淳三郎 息子/伴淳三郎 画像

Page Top

スマートフォン / PC サイト