著名人訃報情報(らりるれろわ)

Do you remember me ?

訃報訃報
Top Page
Mobile View
スマートフォンサイト訃報

Record of the memory. (想い出の記録)

戦後、亡くなられた 約1. 000名の方々を掲載!!
在りし日の面影を偲び、謹んで哀悼の誠を捧げます。   合掌

Page Top

ラッシャー木村写真

★ ラッシャー 木村 さん2010年 (平成22年) 5月24日 没 / 享年68歳詳細ページ

大相撲 宮城野部屋の幕下力士を経て、1964年(昭和39年)秋に日本プロレスに入門した。プロレスラーとして「金網デスマッチの鬼」の異名で人気を博した。腎不全による誤嚥性(ごえんせい)肺炎のため入院先の東京都内の病院で死去した。

リーガル秀才写真

★ リーガル 秀才 さん2008年 (平成20年) 10月10日 没 / 享年81歳詳細ページ

1952年(昭和27年)にリーガル天才と漫才コンビ「リーガル天才・秀才」を結成し人気を博した。1988年(昭和63年)に第43回文化庁芸術祭賞を受賞し、1991年(平成3年)に紫綬褒章を受章した。心不全のため東京都杉並区の自宅で死去した。

力道山写真

★ 力道山 さん1963年 (昭和38年) 12月15日 没 / 享年39歳詳細ページ

大相撲 二所ノ関部屋の力士として初土俵を踏むも突然に廃業。その後、日本プロレス協会を設立。その興行はテレビ放送開始の追い風を受け大ブームとなった。遊興中のクラブで男と口論になり、登山ナイフで腹部を刺され化膿性腹膜炎で死去した。

元小結龍虎写真

★ 龍虎 勢朋 さん2014年 (平成26年) 8月29日 没 / 享年73歳詳細ページ

大相撲の元小結で引退後はタレントとしても活躍した。1957年(昭和32年)1月場所、花籠部屋から初土俵を踏み、1968年3月場所で新入幕を果たした。昇進後は美男子力士として人気を博した。引退後、バラエティー番組「料理天国」やドラマなどで活躍。また、相撲のご意見番としても注目を集めた。

笠智衆写真

★ 笠 智衆 さん1993年 (平成5年) 3月16日 没 / 享年88歳詳細ページ

寅さんシリ-ズの「御前様」役で知られ 庶民映画の代表的な俳優の一人である。小津安二郎監督作品「父ありき」で初の主役を演じ、その父親像が評判となった。1967年(昭和42年)に紫綬褒章を受章した。数年前から膀胱がんを患うなど健康を害していた。

竜鉄也写真

★ 竜 鉄也 さん2010年 (平成22年) 12月28日 没 / 享年74歳詳細ページ

全盲の演歌歌手として知られ、ヒット曲「奥飛騨慕情」などで注目を集めた。中学2年の時に はしかの後遺症で左目の視力を失い 25歳で右目視力も失い全盲となった。クモ膜下出血のため入院先の岐阜県高山市内の病院で死去した。

レーガン 元大統領写真

★ レーガン 元大統領2004年 (平成16年) 6月5日 没 / 享年93歳詳細ページ

1981年(昭和56年)1月21日、第40代アメリカ合衆国大統領に就任し、2期8年の任期を満了した。1989年(昭和64年)1月に77歳11カ月で大統領として史上最高齢でホワイトハウスを後にした。肺炎のため米国カリフォルニア州ロサンゼルス市内の私邸で死去した。

レオナルド熊写真

★ レオナルド 熊 さん1994年(平成6年)12月11日 没 / 享年59歳詳細ページ

石倉三郎と組んだコントコンビ「ラッキーパンチ」や「コント・レオナルド」などで、政治、経済、時事問題を不条理コントで茶化す異色のスタイルで一世を風靡した。10月に末期の膀胱がんと診断されていた。家族と外食で焼肉を食べた直後に容体が急変し、搬送先の病院で死亡が確認された。

連城三紀彦写真

★ 連城 三紀彦 さん2013年 (平成25年) 10月19日 没 / 享年65歳詳細ページ

叙情的で耽美的なミステリーや恋愛小説で知られ、1984年(昭和59年)に「恋文」で直木賞を受賞した。また、父の実家が浄土真宗の寺であったことから、1985年に東本願寺で得度している。胃がんのため愛知県名古屋市の名古屋セントラル病院で死去した。

若狭得治写真

★ 若狭 得治 さん2005年 (平成17年) 12月27日 没 / 享年91歳詳細ページ

全日本空輸の元名誉会長を務め、ロッキード事件では次期大型機トライスターの選定をめぐり外国為替管理法違反、議院証言法違反の罪に問われ、1992年(平成4年)、懲役3年、執行猶予5年の刑が確定した。肺炎のため東京都内の病院で死去した。

花田勝治写真

★ 初代 若乃花2010年 (平成22年) 9月1日 没 / 享年82歳詳細ページ

昭和の大相撲史に残る数々の名勝負を繰り広げ「土俵の鬼」と呼ばれ人気を誇った。戦後の最軽量横綱ながら、鍛えた抜いた足腰を武器に豪快な大技でファンを熱狂させた。腎細胞がんのため入院先の東京都内の病院で死去した。

若松孝二写真

★ 若松 孝二 さん2012年 (平成24年) 10月17日 没 / 享年76歳詳細ページ

社会派映画の監督として知られ、その手法は若者たちから圧倒的な支持を得た。2008年(平成20年)にベルリン国際映画祭で「実録・連合赤軍」が最優秀アジア映画賞を受賞した。同月12日に東京都新宿区内の路上ででタクシーにはねられ救急搬送された。

若原一郎写真

★ 若原 一郎 さん1990年 (平成2年) 7月16日 没 / 享年58歳詳細ページ

歌唱曲「おーい中村君」は 50万枚以上を売り上げる大ヒット曲となった。また、アデランスのCMに出演し、カツラを使用していたことをカミングアウトし話題になった。1985年(昭和60年)頃から体調を崩し、肝臓癌(がん)が見つかり療養を続けていた。

若山富三郎写真

★ 若山 富三郎 さん1992年 (平成4年) 4月2日 没 / 享年62歳詳細ページ

映画やテレビドラマ、舞台などで幅広い役柄を演じ、昭和の名優として名を馳せた。映画「子連れ狼」では 拝一刀を好演し「一刀の若山か、 若山の一刀か」と評された。弟の勝新太郎や、中村玉緒、清川虹子らと麻雀の最中に心臓発作で倒れ死去した。

脇田義信写真

★ 脇田 義信 さん2005年 (平成17年) 3月29日 没 / 享年60歳詳細ページ

広島テレビ取締役を務め、また、同局の元名物アナウンサーとして活躍した。「ズームイン!!朝!」などに出演し、カープの応援で全国でもお馴染みの顔となった。また、広島の朝の顔としてお茶の間に親しまれた。胃がんのため広島市内の病院で死去した。

鷲尾悦也写真

★ 鷲尾 悦也 さん2012年 (平成24年) 2月26日 没 / 享年73歳詳細ページ

日本労働組合総連合会の第3代会長を務め、歯に衣(きぬ)着せぬ発言で知られた。東京都港区の自宅マンションで倒れているところを秘書、家族に発見された。1月ごろから脳梗塞とみられる症状があったといい、病死とみられている。

和田寿郎写真

★ 和田 寿郎 さん2011年 (平成23年) 2月14日 没 / 享年88歳詳細ページ

札幌医大名誉教授で 日本で初となる心臓移植手術「和田移植」を手がけ話題となった。1968年(昭和43年)に世界で30例目となる移植手術に挑み注目を浴びた。患者は術後83日目に死亡した。肺炎のため東京都豊島区の自宅で死去した。

渡辺淳一写真

★ 渡辺 淳一 さん2014年 (平成26年) 4月30日 没 / 享年80歳詳細ページ

札幌医科大学卒業。整形外科医師として勤務する一方、執筆を続けた。1969年(昭和44年)辞職し、作家に専念。翌年、「光と影」で直木賞を受賞。以来、40年以上にわたり第一線で幅広いテーマで執筆を続け、ベストセラーを連発した。また、多くのエッセイも手がけた。

渡辺はま子写真

★ 渡辺 はま子 さん1999年(平成11年)12月31日 没 / 享年89歳詳細ページ

「おはまさん」の愛称で親しまれ、国民的人気歌手として活躍した。代表曲に「忘れちゃいやヨ」や「愛国の花」「何日君再来」「蘇州夜曲」など多数のヒット曲がある。引退後は脳梗塞に倒れ、認知症の進行もあり 最晩年は寝たきりの生活であった。

渡辺美智雄写真

★ 渡辺 美智雄 さん1995年(平成7年)9月15日 没 / 享年72歳詳細ページ

1963年(昭和38年)、第30回衆議院議員総選挙で初当選を果たした。副総理、蔵相、外相などを歴任し、「安竹宮渡河」と呼ばれたニューリーダーの一角に数えられた。「ミッチー」の愛称で親しまれた。膵臓癌(すいぞう がん)のため死去した。

渡辺文雄写真

★ 渡辺 文雄 さん2004年 (平成16年) 8月4日 没 / 享年74歳詳細ページ

大島渚監督作品の常連俳優として多くのヤクザ映画で名悪役として好演した。また、料理番組「くいしん坊!万才」の初代リポーターとしても活躍しお茶の間にも広く知られた。急性呼吸不全のため入院先の東京都港区内の病院で死去した。

和田弘写真

★ 和田 弘 さん2004年 (平成16年) 1月5日 没 / 享年72歳詳細ページ

1954年(昭和29年)に「和田弘とマヒナスターズ」を結成し、ムード歌謡界の中心的バンドとして人気を博した。自身はスチールギターを担当した。腎臓病の透析のため通院していた川崎市内の病院で倒れ不整脈のため死去した。

和田勉写真

★ 和田 勉 さん2011年 (平成23年) 1月14日 没 / 享年80歳詳細ページ

元NHKの看板ディレクターとして数多くのドラマを手がけた。また、タレントとしても活躍した。1998年(平成10年)に癌の診断を受けたが、延命治療を拒否し施設で闘病生活を送っていた。食道上皮がんのため神奈川県川崎市内の高齢者福祉施設で死去した。

著名人訃報情報について

お問い合わせメール

メール

Page Top

Mobile View /   /  Desk Top