2003年(平成15年)著名人訃報情報

訃報訃報
Top Page
Mobile View
スマートフォンサイト訃報

Record of the memory. (想い出の記録)

平成15年、亡くなられた方々の 在りし日の面影を偲んで。。。
謹んで哀悼の誠を捧げます。   合掌

Page Top

深作欣二写真

★ 深作 欣二 さん2003年 (平成15年) 1月12日 没 / 享年72歳詳細ページ

「サクさん」の愛称で親しまれ、1973年(昭和48年)から公開された映画「仁義なき戦い」は邦画史に残るヒットを記録し、実録映画の第一人者の地位を不動のものとした。前立腺がんのため入院先の東京都中央区内の病院で死去した。

秋山庄太郎写真

★ 秋山 庄太郎 さん2003年 (平成15年) 1月16日 没 / 享年81歳詳細ページ

健康的な女性ポートレートは大衆に注目され女性写真の第一人者として知られた。風景や人物、花なども精力的に撮影し、特に花の写真は晩年のライフワークのひとつとなった。東京 銀座で開催された「林忠彦賞」の審査中に脳梗塞で倒れ救急搬送された。

奥田元宋写真

★ 奥田 元宋 さん2003年 (平成15年) 2月15日 没 / 享年90歳詳細ページ

日本画壇の重鎮として知られ、代表作に「秋嶽紅樹」や「奥入瀬」などがある。1936年(昭和11年)に文展に初入選。戦後は一貫して日展を舞台に活躍し、1984年(昭和59年)に文化勲章を受章した。心不全のため東京都練馬区富士見台の自宅で死去した。

宮脇俊三写真

★ 宮脇 俊三 さん2003年 (平成15年) 2月26日 没 / 享年76歳詳細ページ

鉄道をテーマにしたノンフィクション作品やエッセーなどの著書で知られた。国鉄全線に乗車した体験をつづった「時刻表2万キロ」はベストセラーになり、日本ノンフィクション賞、新評論賞を受賞した。肺炎のため入院先の東京都港区内の病院で死去した。

黒岩重吾写真

★ 黒岩 重吾 さん2003年 (平成15年) 3月07日 没 / 享年79歳詳細ページ

1961年(昭和36年)、あいりん地区(釜ケ崎)を舞台にした「背徳のメス」で直木賞を受賞した。社会派推理小説のほか、大阪市の西成地区に住んだ体験を基にした風俗性の強い「西成もの」の作品も多い。肝不全のため入院先の兵庫県西宮市内の病院で死去した。

冬木弘道写真

★ 冬木 弘道 さん2003年 (平成15年) 3月19日 没 / 享年42歳詳細ページ

プロレス団体WEW代表で、得意技「冬木 スペシャル 」などで高い人気を誇った。昨年4月に直腸がんが見つかり、現役を引退して手術を受けていた。直腸がんによる癌性腹膜炎のため神奈川県横浜市の横浜市民病院で死去した。

天本英世写真

★ 天本 英世 さん2003年 (平成15年) 3月23日 没 / 享年77歳詳細ページ

個性派の俳優としてテレビ、映画などでインテリジェンス溢れる脇役として活躍した。フジテレビ系「たけし・逸見の平成教育委員会」にレギュラー生徒として長年にわたり出演した。急性肺炎のため福岡県北九州市若松区内の病院で死去した。

古尾谷雅人写真

★ 古尾谷 雅人 さん2003年 (平成15年) 3月25日 没 / 享年45歳詳細ページ

テレビドラマ「金田一少年の事件簿」で剣持警部役を演じるなど名脇役俳優として知られた。1983年(昭和58年)に ドラマ「若草学園物語」で主役の教師役を好演し一躍脚光を浴びた。東京都文京区の自宅マンションで首を吊っているのを家人が発見した。

加藤大治郎写真

★ 加藤 大治郎 さん2003年 (平成15年) 4月20日 没 / 享年26歳詳細ページ

オートバイロードレースレーサーとして、2001年に自身初の世界チャンピオンに輝いた。4月6日、鈴鹿サーキットで行われた日本GP決勝レースで防護体に衝突し、意識不明の重体に陥った。脳と頚椎部への重度の損傷と診断され、治療を受けていた。

宜保愛子写真

★ 宜保 愛子 さん2003年 (平成15年) 5月6日 没 / 享年71歳詳細ページ

テレビなどで稀代の霊能者として取り上げられ、霊能力者として注目を浴びた。著名人の過去を次々と的中させ一躍時の人として注目を集め、出演した番組は高視聴率を記録した。胃がんのため入院先の東京都内の病院で死去した。

春風亭柳昇写真

★ 春風亭 柳昇 さん2003年 (平成15年) 6月16日 没 / 享年82歳詳細ページ

落語界の長老で、飄々とした味わいで人気を博した。軽妙な語り口、とぼけた芸風で親しまれ、80歳を過ぎても高座やテレビへの出演を続け、生涯現役の噺家であった。落語芸術協会理事長を務めた。胃がんのため入院先の東京都内の病院で死去した。

小島貞二写真

★ 小島 貞二 さん2003年 (平成15年) 6月24日 没 / 享年84歳詳細ページ

出羽海部屋の力士を経て、芸能記者、演芸作家となり、その経験を生かした多数の著書を出版した。相撲評論「相撲史うらおもて」や、「あるフンドシかつぎ一代記」など多くの著書がある。脳内出血のため入院先の東京都江東区内の病院で死去した。

名古屋 章写真

★ 名古屋 章 さん2003年 (平成15年) 6月24日 没 / 享年73歳詳細ページ

人情味ある庶民の役を好演し、また、「ウルトラマンタロウ」の朝日奈隊長役でも知られた。今年3月に体調を崩し、検査で脳腫瘍が見つかり緊急手術を受けていた。肺炎のため入院先の東京都新宿区の東京女子医大病院で死去した。

山根赤鬼写真

★ 山根 赤鬼 さん2003年 (平成15年) 6月24日 没 / 享年67歳詳細ページ

少年誌に連載された漫画「よたろうくん」など、生活感のあるユーモラスな作風で注目された。ほかの代表作に「かばどんとなおみちゃん」などの作品がある。同業の山根青鬼さんは双子の兄である。大腸がんのため入院先の東京都内の病院で死去した。

小松方正写真

★ 小松 方正 さん2003年 (平成15年) 7月11日 没 / 享年76歳詳細ページ

日本映画界を代表する名脇役として、アクの強い悪役、敵役で知られていた。映画では「無理心中・日本の夏」や「絞死刑」、「神々の深き欲望」などの作品で好演した。怪談を語る俳優としても有名であった。肺血症のため東京都内の病院で死去した。

坂口祐三郎写真

★ 坂口 祐三郎 さん2003年 (平成15年) 7月13日 没 / 享年61歳詳細ページ

1967年代にテレビ特撮劇「仮面の忍者赤影」で主役の赤影を演じ人気を博した。福岡県久留米市内の自宅で突然倒れ、意識不明のまま救急搬送されていた。脳幹出血のため搬送先の福岡県久留米市内の病院で死去した。

沢たまき写真

★ 沢 たまき さん2003年 (平成15年) 8月9日 没 / 享年66歳詳細ページ

大ヒット曲「ベッドで煙草を吸わないで」で知られる。1998年には参議院議員選挙で初当選した。東京都千代田区の議員宿舎2階の女性用共同浴場で倒れているのを発見された。くも膜下出血の症状がみられ、死因は虚血性心不全とされた。

笈田敏夫写真

★ 笈田 敏夫 さん2003年 (平成15年) 9月2日 没 / 享年78歳詳細ページ

日本のジャズ歌手の草分け的存在として活躍し、「ゲソ」の愛称で親しまれた。ビング・クロスビーやフランク・シナトラのスタンダード曲を 低音を甘く響かせる歌唱法で歌いこなし 幅広い年齢層の人気を集めた。腎盂癌(じんう がん)のため東京都港区内の病院で死去した。

青木雄二写真

★ 青木 雄二 さん2003年 (平成15年) 9月5日 没 / 享年58歳詳細ページ

金融界の裏側を描いた「ナニワ金融道」(週刊モーニング連載)で漫画家として45歳でデビューした。単行本は一千万部を突破し、遅咲きの漫画家として注目を浴びた。肺がんのため神戸市中央区の市立中央市民病院で死去した。

河原崎長一郎写真

★ 河原崎 長一郎 さん2003年 (平成15年) 9月19日 没 / 享年64歳詳細ページ

優しい父親像を好演し、ホームドラマ全盛期にとってかけがえのない存在であった。映画、テレビドラマで脇役として注目され、昼のドラマ「花の咲く家」では主役も演じた。持病の糖尿病から脳血管障害(脳梗塞)を患い入院療養生活を送っていた。

夢路いとし写真

★ 夢路 いとし さん2003年 (平成15年) 9月25日 没 / 享年78歳詳細ページ

上方漫才の第一人者として50年余の長きにわたり第一線で活躍し高い人気を誇った。1940年(昭和15年)に兄弟コンビ「夢路いとし・喜味こいし」としてデビューし人気を博した。喜味こいしは、2歳下の弟である。 肺炎のため神戸市内の病院で死去した。

横山まさみち写真

★ 横山 まさみち さん2003年 (平成15年) 10月14日 没 / 享年73歳詳細ページ

漫画家として コミカルで美しい叙情性を織り込んだ作風で知られ、根強い人気を誇った。代表作に「あぁ青春」や「太平記」、「やる気まんまん」などがある。日刊ゲンダイに「それいけ大将」を連載中だった。前立腺がんのため東京都中野区内の病院で死去した。

ジョージ川口写真

★ ジョージ川口 さん2003年 (平成15年) 11月01日 没 / 享年76歳詳細ページ

戦後のジャズ界の草分け的存在で、パワーにあふれた独特のドラムで人気を集めた。渡辺貞夫、山下洋輔、日野皓正ら 多くの日本ジャズ界の俊英を発掘し育てた。脳出血のため入院先の東京都渋谷区内の病院で死去した。

団令子写真

★ 団 令子 さん2003年 (平成15年) 11月24日 没 / 享年68歳詳細ページ

東宝の看板女優の一人として 若大将シリーズなど東宝の青春映画で活躍した。コミカルな役柄からクールな悪女役まで 幅広くこなす演技力は高く評価された。心不全のため入院先の東京都三鷹市内の病院で死去した。

小林千登勢写真

★ 小林 千登勢 さん2003年 (平成15年) 11月26日 没 / 享年66歳詳細ページ

1983年(昭和58年)、NHKの大ヒットドラマ「おしん」に出演するなど女優として人気を集めた。ワイドショーやクイズ番組などでも幅広く活躍した。夫は俳優の山本耕一さん。3年前に骨髄腫の診断を受け、女優業を続けながら闘病生活を続けていた。

バーブ佐竹写真

★ バーブ佐竹 さん2003年 (平成15年) 12月05日 没 / 享年67歳詳細ページ

歌唱曲「女心の唄」でレコードデビュー。その後、「ネオン川」や「カクテル小唄」など女心を歌った曲が相次いでヒットした。人気テレビドラマ「子連れ狼」の主題歌「ててご橋」でも注目を集めた。多臓器不全のため入院先の東京都新宿区内の病院で死去した。

坂庭省悟写真

★ 坂庭 省悟 さん2003年 (平成15年) 12月15日 没 / 享年53歳詳細ページ

1970年(昭和45年)、フォークグループ「はしだのりひこ&クライマックス」に参加し、作曲家としても活躍した。きたやまおさむ作詞の「花嫁」に曲をつけ大ヒット、ミリオンセラーとなった。癌(がん)のため京都府内の自宅で死去した。

白井義男写真

★ 白井 義男 さん2003年 (平成15年) 12月26日 没 / 享年80歳詳細ページ

プロボクシング日本人初の世界王坐を獲得し、戦後の国民に夢と感動を与えた。1952年(昭和27年)5月19日の世界フライ級タイトルマッチで勝利し、世界王座を奪取した。肺炎のため入院先の神奈川県川崎市内の病院で死去した。

著名人訃報情報について

お問い合わせメール

メール

Page Top

Mobile View /   /  Desk Top