2005年(平成17年)著名人訃報情報

訃報訃報
Top Page
Mobile View
スマートフォンサイト訃報

Record of the memory. (想い出の記録)

平成17年、亡くなられた方々の 在りし日の面影を偲んで。。。
謹んで哀悼の誠を捧げます。   合掌

Page Top

林裕章写真

★ 林 裕章 さん2005年 (平成17年) 1月3日 没 / 享年62歳詳細ページ

1971年(昭和46年)に吉本興業創業者の故林正之助氏の娘 マサさんと結婚(婿入り)、同社に入社した。1999年、吉本興業の社長に就任し多角経営を展開し、漫才ブームの基礎を築いた。肺小細胞がんのため入院先の大阪市北区内の病院で死去した。

小森和子写真

★ 小森 和子 さん2005年 (平成17年) 1月8日 没 / 享年95歳詳細ページ

映画評論家として、独特な髪型と喋りで「小森のおばちゃま」の愛称で広く親しまれた。アメリカの映画俳優ジェームズ・ディーンの熱狂的崇拝者として有名であった。晩年は寝たきりの状態で自宅での療養生活を送っていた。呼吸不全のため死去した。

桜むつ子写真

★ 桜 むつ子 さん2005年 (平成17年) 1月23日 没 / 享年83歳詳細ページ

庶民派の脇役女優として親しまれ、小津安二郎監督作品などに多く出演し活躍した。下町のおかみさん役などには定評があり、大船調喜劇の名脇役として注目された。代表作品に「東京物語」や「東京暮色などがある。肺がんのため東京都内の自宅で死去した。

北原謙二写真

★ 北原 謙二 さん2005年 (平成17年) 1月26日 没 / 享年65歳詳細ページ

1961年に「日暮れの小径」で歌手デビューし、ヒット曲「若いふたり」などで人気を得た。1991年3月に脳内出血で倒れ、懸命のリハビリで3年後には復帰を果たしていた。虚血性心疾患のため入院先の東京都文京区内の病院で死去した。

中尊寺ゆつこ写真

★ 中尊寺 ゆつこ さん2005年 (平成17年) 1月31日 没 / 享年42歳詳細ページ

漫画家として活躍し 流行語となった「オヤジギャル」の生みの親として知られた。雑誌「SPA!」で若い女性の生活をユニークに描写した「スイートスポット」を連載し脚光を浴びた。 S字結腸がんのため入院先の横浜市内の病院で死去した。

岡本喜八写真

★ 岡本 喜八 さん2005年 (平成17年) 2月19日 没 / 享年81歳詳細ページ

映画監督として「独立愚連隊」や、「大誘拐」などアクションコメディーを得意とした。亡くなる直前まで、山田風太郎作の「幻燈辻馬車」の映画化を構想していたが果たせなかったという。 食道がんのため神奈川県川崎市多摩区の自宅で死去した。

羽生未来写真

★ 羽生 未来 さん2005年 (平成17年) 2月22日 没 / 享年30歳詳細ページ

NHKの教育テレビ番組「英語であそぼ」のお姉さん役などで知られた。2002年(平成14年)5月に肺がんと その転移による脳腫瘍が見つかり治療を続けていた。昨年、交際していた男性と婚約を交わし、幸せをつかむ直前の悲劇となった。

那須博之写真

★ 那須 博之 さん2005年 (平成17年) 2月27日 没 / 享年53歳詳細ページ

映画監督としてアクション映画「ビー・バップ・ハイスクール」のヒットなどで注目を集めた。1月中旬に吐血を繰り返すなど体調が急激に悪化し、入院治療を続けていた。肝臓がんのため入院先の東京都調布市内の病院で死去した。

飯島夏樹写真

★ 飯島 夏樹 さん2005年 (平成17年) 3月1日 没 / 享年38歳詳細ページ

日本人で唯一、8年連続ワールドカップに出場したプロのウインドサーファーとして知られた。癌の罹患を公表し、末期のがん患者を題材にした小説「天国で君に逢えたら」を発表し話題になった。肝臓がんのため米ハワイ州ホノルルの自宅で死去した。

星ルイス写真

★ 星 ルイス さん2005年 (平成17年) 3月10日 没 / 享年56歳詳細ページ

人気漫才コンビ「星セント・ルイス」を結成し「田園調布に家が建つ!」などのフレーズで人気を博した。 昨年末頃より食欲不振を訴え、今月7日には体調不良で救急搬送されていた。肺がんのため搬送先の埼玉県越谷市内の病院で死去した。

桂文枝写真

★ 桂 文枝 (五代目)2005年 (平成17年) 3月12日 没 / 享年74歳詳細ページ

上方落語界の大看板の一人として知られ、衰退していた上方落語界の復興を支えた。笑福亭松鶴、桂米朝、桂春団治などと並び、昭和の「上方落語の四天王」と称された。肝臓がんのため入院先の三重県伊賀市内の病院で死去した。

丹下健三写真

★ 丹下 健三 さん2005年 (平成17年) 3月22日 没 / 享年91歳詳細ページ

日本の建築界をリードする建築家の一人として「世界の丹下」と称され評価された。1994年(平成6年)には勲一等瑞宝章を受章。そのほか、建築学会賞、文化功労賞、プリツカー賞など多くの賞を受賞した。心不全のため東京都港区内の自宅で死去した。

脇田義信写真

★ 脇田 義信 さん2005年 (平成17年) 3月29日 没 / 享年60歳詳細ページ

広島テレビ取締役を務め、また、同局の元名物アナウンサーとして活躍した。「ズームイン!!朝!」などに出演し、カープの応援で全国でもお馴染みの顔となった。また、広島の朝の顔としてお茶の間に親しまれた。胃がんのため広島市内の病院で死去した。

中山大三郎写真

★ 中山 大三郎 さん2005年 (平成17年) 4月7日 没 / 享年64歳詳細ページ

作詞、作曲家として「人生いろいろ」や「珍島物語」などのヒット作品で知られた。島倉千代子のヒット曲「人生いろいろ」の作詞では日本レコード大賞作詞賞を受賞した。咽頭癌(いんとうがん)のため入院先の東京都港区内の病院で死去した。

野村芳太郎写真

★ 野村 芳太郎 さん2005年 (平成17年) 4月8日 没 / 享年85歳詳細ページ

映画「砂の器」や「八つ墓村」などの有名著作の映画化作品の監督として知られた。1974年(昭和49年)に監督した「砂の器」はモスクワ国際映画祭の審査員特別賞を受賞した。肺炎のため入院先の東京都新宿区内の病院で死去した。

田中聖二写真

★ 田中 聖二 さん2005年 (平成17年) 4月15日 没 / 享年28歳詳細ページ

2004年(平成16年)11月27日、日本スーパーフライ級王座に初挑戦し王座を獲得した。今月3日、TKO負けを喫した試合終了後、控え室で意識を失い緊急搬送されていた。急性硬膜下血腫と診断され、7日に開頭手術を受けていた。

高田渡写真

★ 高田 渡 さん2005年 (平成17年) 4月16日 没 / 享年56歳詳細ページ

フォークシンガー の草分け的存在として知られ「自衛隊に入ろう」などの曲で注目された。今月3日に公演先の北海道釧路市でのライブ終了後に倒れ 救急搬送されていた。数日前に脊髄の病いで難病指定を受けたことを明かにしていた。 心不全のため死去した。

桂文朝写真

★ 桂 文朝 さん2005年 (平成17年) 4月18日 没 / 享年63歳詳細ページ

1970年(昭和45年)に真打ちに昇進。昨年からは落語協会理事を務めていた。主に古典落語を演じ、今年2月4日の東京・新宿「末広亭」での「寄合酒」が最後の高座となった。原発不明がんのため入院先の東京都中央区内の病院で死去した。

岡本敏子写真

★ 岡本 敏子 さん2005年 (平成17年) 4月20日 没 / 享年79歳詳細ページ

画家の故、岡本太郎氏の養女で、岡本太郎記念館の館長を務めていた。故、岡本太郎氏の旧アトリエ兼自宅を美術館として公開し、遺作品の管理を担っていた。東京都港区南青山の自宅マンション浴室で倒れ、急性心不全のため死去した。

丹羽文雄写真

★ 丹羽 文雄 さん2005年 (平成17年) 4月20日 没 / 享年100歳詳細ページ

日本文藝家協会理事長などを歴任し、文壇の活性化に長年にわたりに貢献した。晩年はアルツハイマー型認知症の症状が表れ、役職を整理して表舞台からは退いていた。肺炎のため東京都武蔵野市内の自宅で死去した。

ポール牧写真

★ ポール牧 さん2005年 (平成17年) 4月22日 没 / 享年63歳詳細ページ

コメディアン、タレントして活躍し、リズム良く指を鳴らす「指パッチン」で注目を集めた。東京都新宿区内の自宅マンション下で倒れているのが発見され救急搬送されていた。9階の自室ベランダから飛び降りたとみられ全身打撲で死亡が確認された。

福井敏雄写真

★ 福井 敏雄 さん2005年 (平成17年) 4月27日 没 / 享年84歳詳細ページ

まじめな人柄と声を張り上げる独特の口調で、お天気キャスターとして話題となった。1955年(昭和30年)に気象庁を退官後、関西テレビのニュース番組で お天気コーナーを担当し注目を集めた。老衰のため入院先の大阪市内の病院で死去した。

石津謙介写真

★ 石津 謙介 さん2005年 (平成17年) 5月24日 没 / 享年93歳詳細ページ

「VAN」の創始者で、アイビールックを世に出した服飾評論家として知られた。VANブランドは日本版アイビールックとして1960年代に若者のファッション文化に改革をもたらした。肺炎のため東京都青梅市内の病院で死去。生前の故人の遺志により献体された。

元大関 貴ノ花写真

★ 元大関 貴ノ花 さん2005年 (平成17年) 5月30日 没 / 享年55歳詳細ページ

大相撲の大関貴ノ花として数々の名勝負でファンを魅了し、屈指の人気を誇った。1981年に引退後は2人の横綱を育てた角界の大功労者として知られた。口腔底癌(こうくうていがん)のため入院先の東京都文京区内の順天堂医院で死去した。

松村達雄写真

★ 松村 達雄 さん2005年 (平成17年) 6月18日 没 / 享年90歳詳細ページ

映画「男はつらいよ」シリーズのおいちゃん役など 温かく深みのある名脇役として親しまれた。1977年にNHKで放送された「日本の戦後シリーズ」では吉田茂を演じ、そのソックリさが話題になった。心不全のため入院先の東京都新宿区内の病院で死去した。

水島弘写真

★ 水島 弘 さん2005年 (平成17年) 6月19日 没 / 享年72歳詳細ページ

1953年(昭和28年)、劇団四季旗揚げに参加した創立メンバーの一人で長く主要キャストとして活躍した。1993年(平成5年)の「オペラ座の怪人」を最後の舞台に以後は、病気療養に専念していた。肺炎のため入院先の東京都渋谷区内の病院で死去した。

三船浩写真

★ 三船 浩 さん2005年 (平成17年) 7月8日 没 / 享年75歳詳細ページ

1956年(昭和31年)に「男のブルース」で歌手デビュー。豊かな低音の魅力で人気を博した。生涯に526曲をレコーディングし、1995年(平成7年)まで日本歌手協会理事長も務めた。心筋梗塞(しんきん こうそく)のため東京都府中市内の病院で死去した。

橋本真也写真

★ 橋本 真也 さん2005年 (平成17年) 7月11日 没 / 享年40歳詳細ページ

プロレスラー闘魂三銃士の一人として「破壊王」の ニックネームでファンを魅了した。午前8時ごろ、故 冬木弘道(2003年に死去)宅で倒れ 救急搬送されていた。脳幹出血のため搬送先の横浜市立大学附属 市民総合医療センターで死去した。

杉浦日向子写真

★ 杉浦 日向子 さん2005年 (平成17年) 7月22日 没 / 享年46歳詳細ページ

江戸文化の研究家として知られ、漫画家、エッセイスト、小説家としても活躍した。NHK「コメディー お江戸でござる」で 江戸風俗を解説し、約9年にわたり担当していた。下咽頭癌(か いんとう がん)のため入院先の千葉県柏市内の病院で死去した。

岡八朗写真

★ 岡 八朗 さん2005年 (平成17年) 7月26日 没 / 享年67歳詳細ページ

吉本新喜劇の元座長として「奥目の八ちゃん」の愛称で広く親しまれた。アルコール依存症を患うも断酒に成功し、以後、依存症克服の講演会なども行っていた。肺炎による呼吸不全のため入院先の兵庫県尼崎市内の病院で死去した。

中北千枝子写真

★ 中北 千枝子 さん2005年 (平成17年) 9月13日 没 / 享年79歳詳細ページ

堅実な演技力で「お嫁さんシリーズ」などのホームドラマにも多数出演し親しまれた。長期にわたり出演した日本生命のCM「ニッセイのおばちゃん」としても注目された。急性心筋梗塞のため東京都渋谷区内の自宅で死去した。

後藤田正晴写真

★ 後藤田 正晴 さん2005年 (平成17年) 9月19日 没 / 享年91歳詳細ページ

衆議院議員通算7期を務め、警察庁長官、内閣官房長官、宮澤内閣では副総理などを歴任した。「カミソリ後藤田」の異名で呼ばれ、歯に衣(きぬ)着せぬ豪傑ぶりで有名であった。先週から体調を崩し入院していたが、肺炎のため東京都内の病院で死去した。

中内功写真

★ 中内 功 さん2005年 (平成17年) 9月19日 没 / 享年83歳詳細ページ

日本を代表する大手スーパー全国チェーン、ダイエーの創業者として知られた。先月26日に定期検診のために訪れた病院で倒れ、意識不明に陥っていた。脳梗塞(のう こうそく)のため兵庫県神戸市内の病院で死去した。

宮城けんじ写真

★ 宮城 けんじ さん2005年 (平成17年) 10月19日 没 / 享年81歳詳細ページ

人気漫才コンビ「Wけんじ」の一人で、お笑い界のスターとして人気を博した。1999年に相方の東けんじさんが死去し、その後は漫談家として活動していた。昨年11月に肺がんが見つかり入退院を繰り返していたが 本人に病名は告知されていなかったという。

根上淳写真

★ 根上 淳 さん2005年 (平成17年) 10月24日 没 / 享年82歳詳細ページ

歌手のペギー葉山さんとは芸能界一のおしどり夫婦で知られ、映画、テレビで活躍した。1998年(平成10年)8月に糖尿病の合併症による脳梗塞で倒れ、以来、自宅療養を続けていた。脳梗塞 (のうこうそく)のため入院先の東京都新宿区内の病院で死去した。

三笑亭夢楽写真

★ 三笑亭 夢楽 さん2005年 (平成17年) 10月28日 没 / 享年80歳詳細ページ

明るく軽妙で当意即妙な芸風で親しまれ、テレビのお笑い番組でも人気を集めた。1958年(昭和33年)に真打ちに昇進し、「寄合酒」や、「三方一両損」などの長屋物を持ちネタとした。肺不全のため入院先の東京都豊島区内の病院で死去した。

本田美奈子写真

★ 本田 美奈子 さん2005年 (平成17年) 11月06日 没 / 享年36歳詳細ページ

1985年(昭和60年)4月に「殺意のバカンス」でデビューし、数多くの新人賞を獲得した。また、新人歌手としては異例の武道館コンサートを成功させた。2005年(平成17年)1月に急性骨髄性白血病の診断を受けて緊急入院していたが、肺への合併症を発症し死去した。

桂吉朝写真

★ 桂 吉朝 さん2005年 (平成17年) 11月08日 没 / 享年50歳詳細ページ

桂米朝一門の期待の星として、また、上方落語界のホープとして注目を集めていた。2004年(平成16年)10月に胃がんの再発が見つかり、治療を続けながら高座を勤めていた。心不全のため入院先の兵庫県尼崎市内の病院で死去した。

原ひさ子写真

★ 原 ひさ子 さん2005年 (平成17年) 12月04日 没 / 享年96歳詳細ページ

現役最年長の女優として注目され、ほのぼのとしたおばあちゃん役で親しまれた。ドラマの母親役や、おばあちゃん役には欠かせない貴重な脇役女優として活躍した。同日夜の夕食後、自宅で眠るように意識をなくし救急搬送されていた。

仰木彬写真

★ 仰木 彬 さん2005年 (平成17年) 12月15日 没 / 享年70歳詳細ページ

プロ野球球団 近鉄とオリックスで監督を務め、また、イチローを育てた名将として知られた。率いたチームを11年連続でAクラス入りさせた名監督としても知られた。2004年には野球殿堂入りを果たした。呼吸不全のため入院先の福岡県内の病院で死去した。

藤木悠写真

★ 藤木 悠 さん2005年 (平成17年) 12月19日 没 / 享年74歳詳細ページ

テレビドラマ「Gメン75」で叩き上げのベテラン刑事役を好演し、強烈な印象を残した。糖尿病を患い、以来、その闘病経験などをインターネット上で公開し、講演活動も続けていた。肺塞栓(そくせん)症による多臓器不全のため東京都内の病院で死去した。

若狭得治写真

★ 若狭 得治 さん2005年 (平成17年) 12月27日 没 / 享年91歳詳細ページ

全日本空輸の元名誉会長を務め、ロッキード事件では次期大型機トライスターの選定をめぐり外国為替管理法違反、議院証言法違反の罪に問われ、1992年(平成4年)、懲役3年、執行猶予5年の刑が確定した。肺炎のため東京都内の病院で死去した。

著名人訃報情報について

お問い合わせメール

メール

Page Top

Mobile View /   /  Desk Top